萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    東京


    1: yomiφ ★ : 2013/11/10(日) 22:29:41.69 ID:???


     お菓子とマンガの甘い関係、農まんが収穫祭――。意表を突くテーマでコミックを集めて、
    売り上げを伸ばしている書店が東京都東大和市にある。テーマ選びから仕入れまで、
    任されたのは女子大学生のアルバイトたち。小さな書店の生き残りが女子大生の肩にかかる。

     西武拝島線と多摩モノレール「玉川上水」駅前にある書店「光進堂玉川上水店」
    (東大和市桜が丘3丁目)で今年2月、「お菓子とマンガの甘い関係」と題するフェアが開かれた。

     企画したのは、首都大学東京大学院1年の本多光さん(23)だ。同店でアルバイトして3年。
    昨年暮れ、店長から「フェアを任せるからよろしく」と頼まれた。「うまく行かなくてもいいと言われた
    けれど、がむしゃらにやりました」

     本多さんは4月にも「農まんが収穫祭」を仕掛けた。バイト仲間で玉川大2年の
    徳木小夏さん(20)は「ダンス特集」、明治学院大2年高井里花さん(19)は
    「ちびっこハートフル特集」と続いた。

     「自分の好きなものを集めて、自分でポップ(宣伝用コメント)を書けるのが素晴らしい」と高井さん。
    徳木さんも「仕入れをバイト学生に任せる店なんて他にない。期待されるのがうれしい」。

     宗武信吾(むねたけしんご)店長(44)は「うちは割引もポイントカードもない。品ぞろえも少ない。
    何ができるのかと考え、お客さんの知らないコミックを発掘することにした」と明かす。

     1987年に開店。売り場面積は約50坪(165平方メートル)。近くに都営団地があり、当初は
    児童書もよく売れたが、団地住民の高齢化や大型書店の進出で客は大きく減った。2000年の
    多摩モノレールの開通で客足は立川へと遠のいた。この10年で売り上げは半減した。

     客の中心は今、高校生や大学生で女性が6割を超える。3人に1人がコミックを買う。そこで、
    宗武さんはアルバイトの女子大学生たちに目を付けた。「彼女たちは少ないバイト代や小遣いで
    コミックを買っている。ベテラン店員よりもお客さんの目線に近い」

     品ぞろえを任せられた3人は、インターネットで興味を持つなどしたコミックを取り寄せ、
    試し読みを始めた。面白ければ3~5セットを仕入れる。一般に知られていない作品が増えた。
    辞書コーナーだった棚を「コミック企画棚」に変え、ここでフェアを開く。

     20ページ程度の試し読みや、キャラクターのフィギュアやグッズの販売も始めた。立ち読み中の
    会社員田中由紀さん(26)は「表紙だけで買うとはずれが多い。試し読みできるのは助かる。
    マニアックな作品が多いのもいい」と話した。

    ■こんなポップで売ってます
    ・「ケーキを買いに」(河内 遙、太田出版刊) 愛すべきヘンタイたちの日常をケーキとともに召し上がれ。
    甘いお菓子には、秘めたる思いがつまっています。欲望に正直な女子をかわいいと思ってくれ...!

    ・「天才ファミリー・カンパニー」(二ノ宮知子、幻冬舎コミックス刊) 変人に振り回される俺様エリート
    という組み合わせは、二ノ宮作品ではド鉄板ですが、これはその金字塔的作品です!!
     はちゃめちゃ笑いころげて元気になれる。二ノ宮ワールド全開! 決めてくれますよ!

    ・「うどんの国の金色毛鞠(こんじきけまり)」(篠丸のどか、新潮社刊) ケモミミ×ショタ これぞ
    至高のショタ...!! 笑顔の破壊力ときたら...チートです。イケメン三十路主人公にも注目です。

    ■オススメの5冊はこれだ
    ・「失恋ショコラティエ」(水城せとな、小学館刊。来年1月にドラマ化) 小悪魔的女子を
    振り向かせるためにチョコレート職人になった片思い男子が主人公
    ・「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ、新書館刊。2001年にドラマ化) 男子4人が開いた洋菓子店を舞台にした人間模様を描く
    ・「BUTTER!!!」(ヤマシタトモコ、講談社刊) 高校の社交ダンス部でペアを組むことになった元気女子とオタク男子の青春活劇
    ・「乙嫁語り」(森薫、エンターブレイン刊) 19世紀の中央アジア、遊牧民の娘が嫁いだ先は定住民の少年。文化と年の差がある2人の物語
    ・「flat」(青桐ナツ、マッグガーデン刊) 超マイペースの高校生男子がいとこの保育園児の面倒を見ることに。少しずつ彼の日常が変化していく

    http://book.asahi.com/booknews/update/2013110700003.html

    【目利き女子大生バイト、小さな書店救う 漫画フェア大当たり】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/11/05(火) 21:30:37.81 ID:???
     現在アニメーション産業が盛んな練馬区は、平成25年度内に練馬区内へ移転・増設を行うアニメ制作関連事業者に対し、
    補助金を交付する事業の二次募集を行うと明らかにした。
    対象となれば、移転費用や家賃補助など最大(3年継続)で、約1000万円の補助金制度となる。
     同事業は、新たに区内に立地した事業者と、既存の区内事業者との間での受発注の促進や、
    共同事業の実施等により、区内アニメ産業全体の活性化を図ることを目的としている。
    ◆対象事業者
     今回の募集は、平成25年度中(平成26年3月まで)に、
    練馬区内に新たに事業所を開設(移転・新増設)するアニメ制作関連事業者が対象。
    ※アニメ制作企業だけでなく、関連する映像・コンテンツ関係企業も対象です。

    ◆補助内容(平成25年度)
    ★練馬区への移転費用
     初年度のみ、限度額200万円

    ★設備工事・改装工事・制作関連機器購入費等
     初年度のみ、限度額100万円、費用の2分の1を補助

    ★毎月の賃借料
     最長平成28年3月分まで、限度額 月額20万円、費用の2分の1を補助

    (留意事項)
     補助金応募申込書提出以前に実施した移転については補助対象となりませんので、ご注意ください。

    ★募集期間
     1.応募申込書提出 平成25年11月22日(金曜日)まで
     2.審査書類提出 平成25年12月6日(金曜日)まで

    ★募集事業者数
     1社程度
     ※平成25年12月中に書類審査および面接審査により選考を行います

    ◆応募などそのほかの詳細は以下のアドレスを参照。
    http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/sangyo/oshirase/anime_hojo.html


    >>商工観光課:練馬区公式ホームページ
    http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/soshiki/sangyo/shokokanko.html

    http://www.animate.tv/news/details.php?id=1383640451

    【練馬区、アニメ制作関連事業者に対する補助金制度を実施】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/08/08(木) 22:38:06.80 ID:???
    8月2日から8月25日までサンシャインの ワールドインポートマート4階で行われている『ドキドキ!プリキュア ラブリーカーニバル』。
    この広告が池袋駅の構内の柱に掲載されており話題となっている。
    しかしプリキュアを好きなのは小さい子どもたちだけではなかった。

    大きなお兄さんたちもプリキュア大好きな人がいるのである。
    そんなプリキュア好きな人が掲載されているポスターの口元にキスをするという事案が発生している。
    大勢の人が何人もキスしたのか、1人が何回もキスをしたのかは不明だが、唇の部分に何個もキスマークがあってよだれまみれだという。

    この事案を発見した『Twitter』ユーザーの(@Hakajisan)さんは画像付きで次のようにツイート。

    「池袋のプリキュアの柱、唇の部分何個もキスマークあって涎まみれなんですけど…..画像じゃわかりにくいけど、安易に触らないほうがいいです」

    と報告している。
    掲載物の写真を撮ったり眺めたりするのは良いが、キスをしたりすると器物損壊になりかねない。

    似たような事例としてはジャニーズの嵐のポスターが新宿駅構内に掲載された際に、多くのファンがポスターの前で土下座をしていた前例がある。
    好きなのはわかるがあまり度が過ぎないように気をつけよう。

    https://twitter.com/Hakajisan/status/365354618953277440
    ▲該当ツイート


    ※画像は『Twitter』より引用。

    http://getnews.jp/archives/395206

    【池袋のプリキュア掲載広告にキスしまくる事案発生 「何個もキスマークあってよだれまみれなんですけど…..」】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/06/24(月) 23:41:09.28 ID:???
    6月21日の定例会見より抜粋。

    「…また、日本が世界に誇るアニメ文化を活用して、空の玄関口である羽田空港の
    国際線ターミナルで観光客をお迎えします。いきなり入国する、殺風景な所に
    入国するんじゃなくて、日本のアニメの分かりやすい何か、面白いものを置いて、
    日本に着いたなという感じを抱いていただくと。これらの提案についても
    早期に実現するように指示いたしました」

    「(オリンピック)招致活動は、いよいよ終盤戦であります。今回の取り組みを
    スタートとして、さらにやれることを考えていく。そういう文化の力で、にぎわいを創出し、
    オリンピック開催実現に向けた機運を盛り上げていきたいと思っております」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000508-san-pol

    【猪瀬直樹・都知事「羽田空港にアニメの分かりやすい何かを置いて海外からの観光客迎える」】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/06/12(水) 09:31:19.79 ID:???
    髪の毛を抜かれた波平さんたち、また受難-? 東京都世田谷区の東急線桜新町駅の周辺に
    設置された「サザエさん」一家の銅像に税金が掛かることが分かり、制作した地元商店街に
    戸惑いが広がっている。

    桜新町はサザエさんの原作者、故長谷川町子さんが住み、美術館もある。漫画誕生から
    六十五周年の二〇一一年、駅周辺の約二百軒でつくる「桜新町商店街振興組合」が企画し、
    都と区の補助を含め総額約四千万円で銅像を制作。昨年三月、磯野家四人とフグ田家三人の
    計十二体が四カ所にお目見えした。

    組合に納税通知書が届いたのは六日。税金は固定資産税のうち、土地と家屋以外の
    事業用の資産に掛けられる「償却資産税」。商店街なら広告塔や看板などにも掛かり、
    銅像は無税の「美術品」ではなく、「街のPRの道具」とみられた形だ。

    同税は資産の評価額に1・4%の税率で課税され、専門家によると初年度の税額は約五十五万円。
    耐用年数で価値が減少し、四十五年間で計約九百八十万円になるとみられる。

    全国の商店街などでは、地域活性化のためキャラクターの銅像を設置する動きがあるが、
    ほとんどが税の掛からない自治体の所有・管理のため、課税される事例は珍しい。

    管轄する都世田谷都税事務所は「企業が所有する創業者の胸像なども償却資産として
    課税される。今回も税法に則して課税した」と説明。組合は「全く想定外。長期の負担が
    生じると聞き、驚いている」としている。

    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013061202000131.html

    【サザエさん像を管理する世田谷・桜新町商店街振興組合に償却資産税の納税通知 組合は「全く想定外」と驚き】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=