萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    コラム


    1: たこやきφ ★ : 2013/08/20(火) 07:53:22.04 ID:???
     「日曜だけどお父さんは仕事でコミケに行ってきます」

     「コミケって何?」

     「同人誌という本を売り買いするイベント」

     「へー、どんな本売ってるの?」

     「……スケベな本かな」

     「買って来たら見せて」

     「ダメダメ! ていうか、お父さん買わないから! 取材に行くんだから!」

     てな会話を息子(11歳)と交わし、炎暑の8月11日、東京ビッグサイトで開かれた「コミックマーケット84」の第2日に行ってきました。
    ややっ、天井にモヤモヤと漂うのは、来場者の体から立ち上った水蒸気で出来るという伝説の「コミケ雲」か。
    おおっ、人の海の向こうに目的地の「評論島」を発見!
    わあ、ここはリゾートビーチなのかビキニでのし歩くおねえさんが……。

     てな「ひと夏の冒険」を済ませた後、チャールズ・ブラウンスタインさんの講演会へ。
    米国でコミックの表現の自由を守る活動をしている非営利団体「CBLDF(コミック弁護財団:Comic Book Legal Defense Fund)」の事務局長で、
    10代からコミック雑誌編集者・ライターとして活躍している方だそうです。
    自民党などが提出した児童ポルノ禁止法改正案の付則に、マンガやアニメと児童の権利を侵害する行為との関連性について
    調査研究を推進すること、という旨が書いてあったことを受けて、表現規制は関心が高まっている問題です。
    会場は立ち見も出る盛況でした。

     「私はこの会場に来て『全員が参加者』というコミックマーケットの理念を肌で感じることができた。
    物理的にも知的にも、自由で安全な空間を作っていることは素晴らしい。
    もし米国人がこの2日間を体験したら必ず思うだろう、『どうしてコミケを米国で開催しないのか!』と」

     そしてブラウンスタインさんは、CBLDFの活動の成果の一つとしてライアン・マセソン(Ryan Matheson)青年の
    裁判支援の話を聞かせてくれました。
    カナダに入国した折、ノートパソコンに入っていたマンガ画像を「児童ポルノ」と見なされ告発された彼を、
    CBLDFは裁判費用の一部と専門家による証言を提供することによって助けたのだそうです。

     「彼の持っていた画像は、私に言わせればかわいらしいものだったが、
    カナダ当局の人間はデフォルメされた頭身の低いキャラクターと4歳児の区別が出来なかったのです」
    と皮肉まじりに語るブラウンスタインさん。

     「この事件の背景には、フィクションの表現を性的虐待とイコールで結ぼうとする
    モラルパニック(←道徳の乱れは○○のせいだ!とするヒステリックな感情の高まり)がある。
    米国でもカナダでも、マンガを児童ポルノだと思い込んでいる当局の人間がいるということだ。
    デフォルメしたキャラを4歳児と見なした曲解からそれがうかがえる。
    ライアン君のような誰も傷つけていない人間を罪人扱いして刑務所に閉じ込めても、
    現実社会の児童虐待の防止には何の貢献もしない。
    私たちは、マンガは多様なアートであり、数多くの人が世界中で楽しんでいることを理解してもらおうと啓発に努めている。
    しかしここ日本で、マンガを規制しようという動きが起きていることは、
    西洋社会においてマンガを守ろうとしている私たちにとって理解しがたい。
    もし規制が現実となったら、海外に『表現=性的虐待』という誤ったイメージを広めてしまうのではと懸念している。
    私たちが米国でマンガを弁護することも難しくなるだろう」

     会場からの質問を募ったところ、
    クラブ営業規制問題からマンガ規制に関心を持ってコミケに初めて来たという男性から、このような質問が。

     「並んでいる同人誌を見たら子どもを性的に描いたようなものが多くてビックリした。
    規制するしないは別として、ああいうものは児童ポルノかどうか、それともアートなのか?」

    <続く>
    http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201308180064.html

    依頼 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1371824981/324

    【 「恥」となり得ても「罪」にすべきではない】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/06/17(月) 13:32:07.31 ID:???
    毎日がタイトロープ!電撃大王編集部のLです。
    今回のコラムでは、6月26日(水)に発売される電撃萌王8月号をご紹介。
    夏の太陽よりもアツく眩しく輝く、最強にヤバい付録がやってきた!
    というわけで(?)小学生の裸ビブス、まったく……小学生は最高だぜ!!


    というわけで(?)小学生の裸ビブス
    (C)蒼山サグ/アスキー・メディアワークス/TEAM RO-KYU-BU! SS

    あー、毎度。大王編集部のLです。爽やかな陽気はあっという間に過ぎ去り、すっかりジメジメムシムシですね。
    暑くなると薄着になりますよね。
    裸の上にビブスだけ、っていでたちになっても仕方ないですよねッ!!!

    こちらのイラストは、
    6月26日(水)発売の電撃萌王8月号の付録、「びじゅあるロウきゅーぶ!」全員集合♡クリアファイルセットぷらすわんっ のうちの1枚。
    全員集合絵柄です。
    この付録のためのアニメ版権描き下ろし!
    ひなたと真帆がニコニコしてて、智花・紗季・愛莉が照れてるあたり各キャラの性格がよく出てますね。ふんがふんが(鼻息)。

    ところでビブスってナンだ。アレだ。いわゆる、服の上に着るゼッケン。
    でも、夏だから仕方ないよね。
    体育館とかスゲー暑いし蒸すし。裸の上にビブスでも、仕方ないよね!!


    とりわけこのへん。小学生の横乳か……


    さらにこのへん。小学生の谷間か……

    で、クリアファイル『セット』というからには複数枚ございます。
    ほかの2枚と並べたら、こんな↓感じになりますね。


    3枚セットなので、ひなたと愛莉のクリアファイルもあるよ! イラスト/てぃんくる
    ちなみに、ただいま発売中の萌王6月号は智花・紗季・真帆のクリアファイル3枚セットが付録。


    萌王6月号の付録はこの3枚 イラスト/てぃんくる

    萌王6月号と8月号を合わせてご購入いただけば、まさしく全員集合ぷらすわんっ!「ロウきゅーぶ!」ファンの皆さまは、ぜひとも全員集合させてくださいませ。そして裸ビブスにふんがふんが(鼻息)するとよい。

    http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51399201.html

    ※続く

    【 小学生の「裸ビブス」付録!! 電撃萌王8月号がヤバい】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/05/26(日) 01:44:51.92 ID:???
    ◆ゲームのパッケージがDL版に切り替わる小さな兆候

    コンシューマーゲームにおける、フルプライスのソフトのパッケージとダウンロード版のお話。

    この手の話をすると、わりと簡単にゲームのお店なんてなくなってみんなダウンロードになっていくでしょ、ということをいう人もいるんですが、
    問題はタイミングで、今もうダウンロード版がどんどん売れているのか、それともいつかはダウンロード版に大きくシフトするけどずっと先のことなのか、そういうことが重要だったりします。

    で、たった今どうなのかというと、コンシューマーゲームの流通の大部分はパッケージの販売によるものです。
    「とびだせ どうぶつの森」なんかの飛び抜けた例が一部にあることはありますが、概ねはほとんどのゲームがパッケージを中心に売れています。
    もちろんどうぶつの森にしたって、ダウンロード版がパッケージを凌駕しているわけじゃないですしね。これが現状認識。

    そのダウンロード版の動きを知る上で、ヒントになりそうな話をあるゲームメーカーの中の人に聞きました。
    ただしこれは、それこそ「とびだせ どうぶつの森」なんかから比べると、ものすごく小さい小さい数字の話です。

    数字が小さいだけにだけに、恐らくメディアにはまずでてこないと思います。中には、そんな小さい話をしてもねえと、軽視するような方もいるかもしれません。
    でも意外と、そういう小さい数字の話が積もっていった先に、大きな変換点が訪れる、なんてこともあるような気がします。ということで、ちょっと書き留めておきます。

    ■1万本とか、2万本とかのソフト
    ゲームが何本売れましたという情報は、基本的にたくさん売れたソフトのものばっかり入ってくるので、1万本とか2万本売れています、という話はユーザーさんにはあまり届きません。
    でも、そういうタイトルはたくさんありますし、それで採算が取れているタイトルもたくさんあります。

    ゲーム業界では、メーカーがお店に対して、初回提案数というのを提示します。
    発売日にどのくらいの量の本数を流通させたいか、という本数で、それが1万本とか2万本のゲームというのは、さして珍しいわけではありません。
    洋ゲーのローカライズで、2万本ぐらいで商売になる(もちろんゲームによって全然違いますが)というのも、僕はインタビューで聞いたことがあります。

    ただ、例えば初回1万本のゲームというのは、仕入れないお店がある、という数字です。
    つまりそのソフトはいりません、うちにはおきません、ということです。

    ■お店にないソフトがDLで売れる
    で、その初回1万本とか、それ以下のゲームのダウンロード版が伸びているんだそうです。
    当たり前と言えば当たり前の話です。
    お店にないんですからね。

    初回数千本なんていうソフトは店舗からは見放されてるわけですが、それがダウンロード版で伸びちゃう。
    週販でみると、なんならパッケージよりもずっとダウンロード版の方が売れているというぐらいの現象が起きている、なんてこともあるそうです。

    ■ゲームが売っていないお店にはいかなくなる
    僕にそれを教えてくれた人は、営業さんなんですが、危機感を訴えていました。
    こういうことを放置しておくと、少しずつお店から人が離れていってしまうんじゃないか、と。
    「メーカーの人はダウンロード版を売ればいいと思ってるんでしょ」なんて思う人もいるのかもしれませんが、メーカーも1枚岩じゃないんですね。

    営業さんは、お店あっての営業さんですから、ダウンロードが主流になってお店が無くなれば営業さんの仕事は無くなっちゃうんです。
    僕にこのことを教えてくれた人は、わりと早くからそのことを理解していて、ダウンロードの波に対してお店の施策を考えたりしていた方でした。

    1万本のソフトはお店の売り上げ的にはインパクトはありません。
    ただ、ユーザーが折角お店に足を運んだのに品物が無くて、結局ダウンロードの方がずっと便利だった、という購入体験を作っていしまっていることには注目する必要があります。


    執筆:この記事は田下 広夢さんのブログ『田下 広夢の記事にはできない。』からご寄稿いただきました。

    寄稿いただいた記事は2013年5月24日時点のものです。



    http://getnews.jp/archives/346488

    ※続く

    【ゲームのパッケージがDL版に切り替わる小さな兆候】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/05/25(土) 12:57:07.69 ID:???
    「個人消費が持ち直した」との声の一方で、アベノミクスにやや懐疑的なデータも出始めている。
    「今の景気は“小春日和”にすぎない」と指摘する大前研一氏が問題点について語る。

     * * *
     本格的な景気回復を実現できる可能性が低いと考える理由は、まず日本の人口がこれから年々減少していくということだ。
    ここ数年はポスト団塊世代が退職する時期となり、労働力人口が毎年40万人以上も減り続ける。
    これは国の借金を返済する労働力と消費が旺盛な世代が減ることを意味する。
    そんな国の景気が簡単に良くなったら、それは奇跡かマジックと呼んでもよいだろう。

     さらに、ひとたび海外に出ていった企業は円安になっても戻ってこない。
    これは過去のイギリスやアメリカなどの歴史を見れば明らかで、日本も例外ではない。
    国内外の生産比率は若干調整するだろうが、グローバル企業は為替動向に一喜一憂しないシステムをすでに作り上げている。

     そうした難問を克服して経済成長を実現するには、よほど思い切った施策が必要だ。

     安倍首相の経済政策「アベノミクス」では、財政出動と金融緩和に続き成長戦略を「3本目の矢」と位置づけているが、政府の産業競争力会議や規制改革会議の議論を見る限り、新しい発想やアイデアは見えてこない。
    たとえば、産業競争力会議は「農業」の輸出拡大・強化を掲げているが、産業規模から見てもピント外れと言わざるを得ない。
    規制改革会議は「過去に改革論議があった59項目」を論点にするというお粗末さだ。

     かつては日本の成長産業と言われたゲームやアニメなどの分野も、ことごとく海外勢に追いつかれ、追い越されてきている。とくにゲーム産業は、
    コンソールゲーム機が主流の時代は任天堂とソニーが世界市場の大部分をコントロールしていたが、今では主戦場がゲーム機からスマートフォンに移ったため、その変化に対応できなかった両社も苦境に陥っている。
    ゲームソフトも、今や海外のレベルが日本を凌駕し始めている。

     3月に発売されたアメリカ・EA(エレクトロニック・アーツ)社の新しい『シムシティ』を見ると、市長選の候補者の試験に使うべきだと思うほど緻密にできている。水道、ゴミ問題、失業問題、リサイクル、産業振興、電力問題に至るまで、
    従来とは段違いにゲームのリアリティが増している。
     
     電力はギリギリではダメだとか、教育レベルが低いとリサイクルに協力しないとか、組み込まれたロジックも面白い。
    高度な数学的知識に加えて政治や経済の知識もなければ作れないゲームプログラムで、もはや日本のゲームクリエイターのお株は奪われたと痛感した。

    ※SAPIO2013年6月号

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/7705983/

    【大前研一氏 ゲームの世界でも日本人のお株は奪われたと痛感】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=