萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    経済


    1: あやめφ ★ : 2013/10/13(日) 15:43:12.84 ID:???
    ゲーム雑誌を発行するKADOKAWAエンターブレインブランドカンパニーは11日、家庭用ゲームの
    2013年度上期の国内市場は前年同期比15.4%減の1483億円だったと発表した。

    内訳はゲーム機が12.8%減の532億円、ソフトが16.8%減の950億円。ソフトのヒット作が
    少なかったことなどが響いた。上期に1500億円を割り込んだのは1477億円だった04年度以来、
    9年ぶり。

    ゲーム機の販売台数は、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」が13.0%減の
    180万5931台でトップ。ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯型ゲーム機
    「プレイステーションVita」が14.1%増の37万3899台で2位だった。

    ソフトの推定販売本数は、カプコンの「モンスターハンター4」が9月中旬の発売にもかかわらず、
    254万2114本で首位。任天堂の「トモダチコレクション新生活」が143万3836本で続いた。

    下期は3DS向けの「ポケットモンスターX・Y」など人気ソフトが発売されることから、
    KADOKAWAエンターブレインは年度全体の市場規模では前年並みになるとみている。

    SankeiBiz
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/131012/bsb1310120702000-n1.htm

    【2013年度上半期の国内家庭用ゲーム市場は1,483億円 1,500億円割れは2004年度以来9年ぶり】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/10/05(土) 14:51:59.02 ID:???
    “外れなしのキャラクターくじ引き”「一番くじ」がコンビニ中心にヒットし、サービス開始から約10年で300億円規模にまで急成長している。
    現在はアニメ等のキャラクターがメインだが、アーティスト関連グッズなどでも連携の可能性も大いにある。同市場で8割のシェアを誇るバンプレストに、ヒットの背景や最新のユーザー動向などを聞いた。

    ■コンビニエンスストアでの展開開始後から急成長

     コンビニエンスストアやホビーショップを中心に展開される、“外れなしのキャラクターくじ引き”「一番くじ」。
    商品のクオリティの高さも評価を集め、現在では約300億円規模にまで拡大している。
    これは昔ながらのカプセル玩具と同等かそれ以上の規模となる。同市場で8割のシェアを誇るのがバンプレストだ。

    10月中旬より最新作『一番くじ ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の販売を開始。
    写真は、シリーズ第7部の舞台となる北米大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」の優勝トロフィー(A賞)(下部)


    「10年ほど前までは、観光地のお土産屋さんや遊園地など催事場での展開が主流で、正直なところ採算性の悪い部門でした。
    それが大きく変化したのは、03年以降のコンビニエンスストアでの取り扱い開始と、06年以降のガンダムなどの投入によるユーザー層の拡大。
    ライトユーザー層がキャラクター商品に触れる機会がなかったところに突破口がありました」(バンプレスト・ロトディビジョンゼネラルマネジャー 大薄純一氏/以下同)

     自らを“景品屋”と称する大薄氏だが、コンビニエンスストアでの展開スタート後もキャラクターの選別、グッズの開発など越えるべきハードルは非常に高かったと振り返る。

    「コンビニエンスストアというのは日本で最も品質管理が厳格な売場のひとつです。当然、それまでのやり方は通用せず、品質の向上・維持には力を傾注しました。
    結果として、当社のアミューズメント景品にも、それはフィードバックされ、景品全体の品質向上につながったという実感があります。
    また、男性向け商材・キャラクターについては、当初は「くじ引きではウケない」と否定的な意見も多かったのですが、
    実際には「一番くじ」ブランドをけん引するほどの起爆力がありましたね」

    ■『一番くじ倶楽部』には約280万人が登録

     現在では、明確な目的意識を持ってくじを引くためにコンビニを訪れるような“目的買い”が徐々に増加している。
    好評を受け、現在ではバンプレストだけで年間120前後のシリーズを展開している。成長の背景には、綿密なマーケティングがある。

    「07年から運営している『一番くじ倶楽部』という無償の専用サイトもオープンしました。
    ユニークユーザー数で約280万人が登録しており、各商材にひもづくユーザー属性の収集や、各商品の満足度調査など、細かく詳細なデータが把握できる。
    また、どの店舗でどんなタイトルのくじが販売されているのかわかるよう展開店舗様をリスト化した店舗検索システムがあり、こちらもユーザーから好評をいただいています」

     こうしたデータに加え、定期的なアンケートやヒアリングなどを通じて、発売タイトルやその数量などは厳密にコントロールされている。
    「もちろんマーケティングだけではなく、時には大胆なチャレンジも必要だと考えています。大事なのはそのバランス。
    1商品あたりの生産適正数量は常に計算していますが、誤差はどうしても生じる。
    その誤差が、逆に新たな顧客ニーズの発見につながっていくこともあります」

     現在、発売タイトルのほとんどはバンプレスト側から獲得に動いている状況。
    今後は、アニメキャラクターに限らず音楽アーティストなどにもシリーズは展開していく。

    「もちろんアニメ以外のコンテンツにも注力しています。
    これは新しいユーザー層の掘り起こしにつながっている。
    さらに「一番くじ」の成功を参考に、次の商品も当然視野に入れて開発を進めています」

     キャラクタービジネスの新しい地平を開拓したバンプレストが仕掛ける「一番くじ」の先には何があるのか。続報を待ちたい。
    (ORIGINAL CONFIDENCE 13年10月7日号掲載)

    http://biz-m.oricon.co.jp/news/data/1130.shtml?cat_id=oc0322

    【約10年で300億円規模に成長した「一番くじ」】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/08/07(水) 18:26:27.42 ID:???
    日本映像ソフト協会(JVA)は6日、2013年6月度のビデオソフト売上速報を発表した。
    ソフト全体の売上金額は、前年同月比88.9%の197億6,200万円で、売上本数は同94.6%の
    667万3,000枚となった。

    6月の販売用BD/DVDの売上金額は前年同月比90.7%の147億7,300万円となったが、
    DVDの売上金額が同63.7%(71億9,400万円) と落ち込んだのに対し、BDの売上金額は
    同151.5%(75億7,900万円)の伸長となった。このため、販売用の単月売上金額で、初めて
    BDがDVD を上回った。

    BDビデオ全体の売上金額は前年同月比148.0%の79億1,600万円、数量は同118.9%の
    161万2,000枚。ビデオソフト全体におけるBDの金額構成比は40.1%で、数量の構成比は24.2%。
    BDビデオの内訳は、販売用の売上額が前年同月比151.5%の75億7,900万円、数量は
    同127.9%の144万5,000枚。レンタル店用は売上額が同97.4%の3億3,100万円、数量が
    同73.8%の16万6,000枚。

    DVDビデオ全体の売上額は前年同月比70.2%の118億4,600万円。数量は同88.9%の506万1,000枚。
    DVDビデオの内訳を見ると、販売用DVDは前年同月比63.7%の71億9,400万円、数量は同81.7%の
    279万枚となった。レンタル店用は売上額が同83.7%の46億700万円、数量は同99.3%の224万7,000枚。

    2013年6月度の新作BDビデオは販売用が前年同月比126.4%の254タイトル、レンタルは
    同100.0%の25タイトル。新作DVDは販売用が同149.5%の658タイトル、レンタルは同102.1%の
    577タイトルとなっている。

    また、2013年上半期(1月~6月)の累計の速報も発表され、ソフト全体の売上金額は
    前年同期比98.9%の1,199億5,100万円、売上本数は同96.4%の3,758万4,000枚となった。
    なお、上半期累計の本報告は9月中旬に発表される予定。

    AV Watch
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130806_610563.html

    2013年 ビデオソフト月間売上速報
    http://www.jva-net.or.jp/report/monthly_2013.pdf

    【販売用BDの単月売上金額が初めてDVDを上回る 2013年6月度】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/05/24(金) 12:25:07.43 ID:???
    日本のマンガは「児童ポルノ」?

     諸外国では一般に、日本より厳しい表現規制が敷かれており、暴力表現や性描写、特定の宗教・人種を戯画的に描く表現などは厳しくチェックされるのが通例です。
    未成年者の性的魅力をアピールする表現は「児童ポルノ」として認めない姿勢をとる国も少なくありません。

     たとえばスウェーデンでは、2009年、自宅のパソコンに日本のマンガの画像を保存していた男性が、児童ポルノ所持の容疑で逮捕されるという事件が発生。
    最高裁まで争った末にこの男性は無罪となりましたが、表現規制の厳しさを象徴する例となりました。

     こうしたことから、「クール・ジャパン」を海外発信する際にも、表現上の配慮が必要だと指摘する声もあります。

     経済産業省商務情報制作室クリエイティブ産業課クール・ジャパン海外戦略室長補佐の小田切未来氏は、5/1付CNET Japanのインタビューで、
    「日本のアニメには、(表現によっては)海外でポルノ同様に扱われることで、ビジネスチャンスの可能性が狭まるものもあったということを聞いたことがあります。
    そういった点も含めて基準を設けないといけないでしょう」と述べ、クール・ジャパン戦略の支援対象には、表現上の基準を設ける必要があるという認識を示しました。

    日本でも表現規制が進む?

     日本でも、欧米諸国のような規制を求める動きが活発になっています。
    自民党政調会長の高市早苗衆院議員らは、児童ポルノ禁止法改正案を議員立法として近く国会へ提出する見込みです。
    この改正案は、児童ポルノの販売だけでなく所持も禁止することを盛り込んでいるほか、
    マンガ・アニメなどの二次元の児童ポルノ的表現についても、その影響を調査研究した上で、施行後3年をめどに規制を検討することとしています。

     こうした動きに対し、懸念の声も上がっています。
    みんなの党の山田太郎参院議員は、5月8日の参議院予算委員会でこの問題を取り上げ、
    「マンガやアニメの中で想像上の登場人物の肌が少しでも見えていたら行き過ぎた自主規制が行われて、
    日本の漫画やアニメが面白くなくなる、また廃れてしまうのではないか」と発言しました。

     現在、クール・ジャパン戦略を統括する稲田朋美内閣府特命担当大臣は、かねてより児童ポルノ問題に熱心に取り組んできたことで知られています。
    稲田大臣は、5月14日の会見で記者の質問に答え、表現の自由は憲法上の重要な権利だと認めつつも、「全て無制限というわけではないというふうにも思います」と述べました。

     日本のアニメやマンガは、諸外国よりも緩やかな表現規制のなかで創造性を発揮してきた歴史があります。
    規制と、表現の自由との折り合いをどうつけていくのか。
    今後の議論の行方が注目されます。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00010000-wordleaf-bus_all

    ◆スレタテ依頼スレッド★52
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1366552214/166

    【『クールジャパン』、表現規制への懸念も】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=