萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    映画


    1: オムコシφ ★ : 2013/10/26(土) 14:44:56.03 ID:???
     26日、人気アニメ「プリキュア」シリーズの劇場版最新作『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス』の公開初日舞台あいさつが都内で行われ、
    声優の生天目仁美、寿美菜子、渕上舞、宮本佳那子、釘宮理恵がキャラクターたちと共に出席した。
    あいさつ中にはキュアハート役の生天目が思わず感極まり、涙。他の共演者を驚かせた。

     「今日の映画、多くの方に見てもらいたいです。
    大人の方にも楽しんでもらえるのでは。あと、初めて5人でこうして立ててうれしいです」とあいさつした生天目。
    終始落ち着いた様子だったが、終わりに迫ると段々と感極まり、
    終了間際のスピーチでは「(シリーズ)10年目の節目を迎えられて本当に幸せです」と言いかけたところ、
    涙で声を止めるなど、並々ならぬ思い入れの深さをうかがわせた。

     一方、キュアダイヤモンド役の寿は「この日が来るまで半年以上、ようやく公開できて感慨深いです。
    愛をテーマに映画を作ると聞いて、どんなふうになるんだろうと思っていたら、
    『あ、これがプリキュアの愛なんだ』って納得できる作品になっていた」と本作の仕上がりに自信。
    キュアロゼッタ役の渕上も「前回は先輩たちに囲まれて緊張した。
    今回は自分たちのホームという感じ。安心感があります」とコメントしていた。

     さらには「胸のキュンキュンが止まりません。
    10年目のプリキュアと聞いて、わたしたちもここまで来てしまった。プリキュアの愛は永遠不滅です」(宮本)、
    「今回から参加させてもらったんですけどみなさんに作品を楽しんでもらえたら」(釘宮)と声優陣はそれぞれの思いを語っていた。

     本作はプリキュアメンバーが過去と未来を守るために戦う姿を描くアニメ。
    この日は公開初日を記念して特製3段、高さが1メートルを超える豪華な「プリキュア・ウエディングケーキ」も用意された。 (取材・文 名鹿祥史)

    『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス』は全国公開中

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw816726

    【『プリキュア』初日に声優陣が感極まる!コメントが涙で中断する場面も…】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/10/26(土) 13:33:43.75 ID:???
    「プリキュア」と「魔法少女まどか☆マギカ」。
    アニメに興味のない方でも、一度は耳にしたことがあるはずだ。
    現在のアニメ界における“変身ヒロインもの”の2大タイトルがついに直接対決を果たすことになった!?…というのも、
    両シリーズの劇場版最新作が10月26日(土)に同日公開を迎えるのだ。

    「プリキュア」シリーズ最新作『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』は、
    今年2月からテレビ放送中の「ドキドキ!プリキュア」の劇場版で、「美少女戦士セーラームーン」に代表されるヒロインアニメの王道だ。
    2004年の放送開始以降、ほぼすべてのテレビシリーズが劇場映画化されており、家族連れから“大きいお友達”まで、言わずと知れた絶大な人気を誇ってきた。
    第26回東京国際映画祭にもラインナップされた今作は、主人公・相田マナ(キュアハート)が過去と未来に飛ばされて大活躍するという内容で、
    彼女のおばあちゃんとママが着たウェディングドレスにまつわるストーリーが展開される。

    一方、「まどか☆マギカ」の最新作『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』は、
    2011年に一大センセーションを巻き起こしたテレビアニメの映画化第3作。
    「まどか☆マギカ」はこれまでの“魔法少女もの”のイメージを大きく覆すダークな世界観を持ち、
    変身することに葛藤する主人公・鹿目まどかがクライマックスまで“変身しない”という、革新的な設定。
    過去2作はテレビシリーズの総集編だったのに対し、今作は脚本、作画をはじめすべてが完全新作となっており、よりいっそう熱い視線が注がれている。
    従来のアニメファンはもちろん、知識人や文化人の評判も高かった同作だけに、そのさらに先を描く最新作は見逃せないものになりそうだ。

    過去作の興行収入を比べてみると、「まどか☆マギカ」が前後編あわせて10億円を突破したのに対し、
    「プリキュア」シリーズはコンスタントに8億円~10億円を記録。
    その絶対的な安定感を考えると、興行収入の面では『プリキュア』が一歩リードといったところか。
    だが、もちろん興行収入だけでアニメの魅力を量ることはできない。
    前述のとおり、「まどか☆マギカ」は普段アニメに触れないような層まで取り込んで一種の社会現象を巻き起こした。
    その点、カルチャー界全体に与えた衝撃という意味では同作に軍配が上がっている。

    いずれにせよ、最新作が同日公開を迎える両作。
    映画界でも稀な人気ヒロインアニメの直接対決を制するのはどちらの少女たちか、注目したい。【トライワークス】

    http://news.walkerplus.com/article/41947/

    【「プリキュア」と「魔法少女まどか☆マギカ」が同日公開!“変身ヒロイン”アニメ対決を制するのはどっち!?】の続きを読む


    1: たこやきφ ★ : 2013/10/26(土) 18:13:55.31 ID:???
     2014年3月1日に公開予定の実写版「魔女の宅急便」(清水崇監督)のティザーポスターが26日、公開された。
    ポスターは、主人公の魔女・キキを演じる新人女優の小芝風花さんを全面に押し出したデザインで、黒猫も登場。
    小芝さんの直筆で「はじめましてキキですっ!!」というコピーが書かれている。
    また、キキがほうきに乗り、大自然を飛び回るイメージの特報映像も公開された。

     小芝さんはポスターについて
    「自分の顔が大きくてどーんと出ていることにびっくりしたけど、
    表情も赤という色も活発なキキのイメージにぴったりだなと思いました。
    とても目が引くポスターだと思うので、早く皆さんに見てもらいたいです!」
    とコメントを寄せている。

     「魔女の宅急便」は1985~2009年に全6巻が発表された角野栄子さんの児童文学。
    魔女のしきたりに従って、13歳で親元を離れた魔女・キキの成長を描く。
    89年にはスタジオジブリの宮崎駿監督によって劇場版アニメ化され大ヒットを記録した。

    映画は、
    宮沢りえさんがキキの母・コキリ、
    筒井道隆さんが父・オキノ、
    尾野真千子さんが海辺の町コリコでキキが居候するパン屋・おソノ、
    山本浩司さんがおソノの夫でパン職人のフクオ、
    広田亮平さんが人力飛行機で空を飛ぶことを夢みる少年・とんぼを演じる。

    http://mantan-web.jp/2013/10/26/20131025dog00m200051000c.html

    http://www.youtube.com/watch?v=YfukYViB49c
    YouTubeサムネイル[YfukYViB49c] - 1枚目YouTubeサムネイル[YfukYViB49c] - 2枚目YouTubeサムネイル[YfukYViB49c] - 3枚目

    【魔女の宅急便 : 実写版ポスターが公開 キキが元気よくあいさつ】の続きを読む


    1: オムコシφ ★ : 2013/10/26(土) 01:40:35.76 ID:???
     人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版アニメ第3弾「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」が26日午前0時、全国25都道府県の映画館51館で一斉に“最速上映”された。
    東京・新宿の映画館・新宿バルト9では、台風27号の接近で強い雨が降る中にもかかわらず700人以上のファンが詰めかけ、大いに盛り上がった。

     新宿バルト9では約420人が新作を鑑賞。また、劇場ではパンフレットなどのグッズ販売も行われ、最速上映の来場者以外にも300人以上が列を作った。
    上映前には、カウントダウンイベントが行われ、主人公・鹿目まどか役の声優の悠木碧さんがサプライズゲストとして登場。
    悠木さんは、映画について「こんなの絶対おかしいよ!ってくらいすごい」とセリフを引用しながら話し「皆さんの熱意がうれしい」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

     「魔法少女まどか☆マギカ」は、過酷な運命を背負う魔法少女らの姿を描いた作品で、2011年にテレビアニメが放送された。
    ほのぼのとしたタッチのキャラクターとは裏腹に、重厚な世界設定や、
    悲壮でドラマチックな展開が人気を集め、「第15回文化庁メディア芸術祭」アニメーション部門の大賞を受賞。
    2012年には、テレビシリーズ全12話を再編集した劇場版2作品が公開された。

     「[新編] 叛逆の物語」は、完全新作で、主人公・鹿目まどかがその身を賭して、すべての魔法少女たちを残酷な運命の連鎖から解き放った後、まどかが残した世界が舞台となる。
    続編にもかかわらず、舞台から消えたまどかと美樹さやかなどが登場することも話題になっている。(毎日新聞デジタル) 



    http://news.nicovideo.jp/watch/nw816306

    【<魔法少女まどか☆マギカ>嵐の夜の“最速上映”にファン700人超】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/10/25(金) 14:15:11.48 ID:???
    皆様長らくお待たせしました!
    『そらのおとしもの』アニメ新作について、新情報をご報告させていただきます!

    「第3期シリーズ」として発表しておりましたが、
    この度シリーズ作品ではなく...2014年に劇場公開することが大決定しました!!

    これも『そらおと』ファンの皆様からの熱いご声援があったからこそ! 本当に大感謝です!!
    しかも、制作陣にはアニメ1期の頃からのオリジナルスタッフが集結!
    『そらおと』ファンの皆様のご期待・ご声援に応えるべく、現在鋭意製作中です!

    今後の続報にも乞うご期待下さい!!

    そらのおとしもの
    http://kadokawa-anime.jp/soraoto/2013/10/2014.html

    【「そらのおとしもの」完全新作、2014年公開】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=