萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    映画


    1: yomiφ ★ : 2013/12/03(火) 20:45:28.40 ID:???
     人気アニメの実写化本命と注目を集めていた「ルパン三世」の実写映画が正式に決まり、
    配給元の東宝によると、来年夏の公開に向け撮影は順調という。最近は往年の人気アニメの
    実写映画が相次いで公開されているが、苦しい興行が続くが、勝算はどうか。

     注目のキャスティングはルパンが小栗旬(30)、次元大介が玉山鉄二(33)、石川五ェ門が
    綾野剛(31)、銭形警部が浅野忠信(40)に決定。
    アニメ界屈指のファム・ファタール(魔性の女)、峰不二子には黒木メイサ(25)が起用された。

     原作は1967年から約2年連載されたモンキーパンチの同名漫画で、70-80年代に
    アニメ版が放送され実写化は2度目になる。アクションの名手でハリウッドに活動拠点を置く
    北村龍平監督(44)がメガホンを取る。
    東宝によると「アクションテイストが強い」といい、アジア各国のスターが出演予定で、
    “世界一の大泥棒”にふさわしいエンタメ大作となりそうだ。

     屈指の人気キャラを演じる俳優のプレッシャーはかなり大きい。黒木はブログで、
    「たくさんのプレッシャーと温かいお言葉、みなさんからいただきました! 全力で
    不二子ちゃんやらせていただきます」と意気込みをつづった。
    小栗は「マジかよ~実写化! と僕も思いました」と率直だ。

     ネットでは黒木に不安の意見が集中。スレンダー体形の黒木に「不二子は胸がなくては」
    「沢尻エリカの方が似合う」という声も目立つ。

     原作ファンは期待と不安が拮抗しているようだが、アニメ・漫画の実写化事情に詳しい
    映画ライター、吉田武氏は「実写化は原作と違うアプローチがいいのでは」と指摘する。

     「原作と同じ展開ならアニメ化の方が相性が良い。実写化なら監督独自の切り口と
    個性によるライブアクションなどで勝負した方が成功につながるのでは」

     実写化で成功した例は大ヒットしてパート2、3が製作中の実写版「るろうに剣心」がある。
    監督は、NHK出身でドラマ&映画「ハゲタカ」、大河ドラマ「龍馬伝」を手掛けた大友啓史氏(47)で、
    「CGを使わないアクションが若い世代に斬新と受けとめられた。主演の佐藤健は
    殺陣をマスターするのにとてつもない時間を費やしたという」(吉田氏)。

     ヒットしなかった実写化については、「原作を意識し過ぎたこと、原作ファンを無視した
    キャスティングありきで企画された」と解説する。

     となると、実写版「ルパン三世」はどうなるか。北村監督とも親しい吉田氏は、

    「監督は撮影前、『原作と同じ設定でやったら実写化の意味がない。キャラクター設定から
    今風に見直していくつもり。現代社会に刀を持った侍のような格好の五エ門の姿はナンセンス』

    と言っており、現実的観点で撮影に挑んでいる。
    黒木には『身体のボリュームが足りない』という批判も出ているが、細身なスタイルを
    大いに生かした大胆でセクシーなアレンジを施した演出をしてくれるだろう。
    単身ハリウッドに乗り込んで磨いたクリエイティビティーが存分に発揮されるはず」と期待している。

     カンヌなど大映画祭を狙っているという実写ルパン。世界の映画ファンの心を盗めるか。

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131202/enn1312021533013-n1.htm

    【実写版「ルパン三世」勝算はあるのか? 監督「キャラ設定を今風に見直す。現代に刀持った五エ門の侍姿はナンセンス」】の続きを読む


    1: きよたろーφφφ ★ [http://twitter.com/moeplus_2ch" target="_blank">http://twitter.com/moeplus_2ch ] : 2013/12/01(日) 17:48:35.53 ID:???
    2014年夏に公開される映画「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」
    (大友啓史監督、2014年夏公開)で、俳優の神木隆之介さんが演じる瀬田宗次郎の
    ビジュアルが29日、公開された。



    キャスト予想でも断トツの人気だった神木さんが演じる涼しげな表情を浮かべた宗次郎の
    姿は話題を集めそうだ。

    神木さんが演じる宗次郎は、見た目はあどけなさの残る少年だが、佐藤健さんふんする
    主人公・緋村剣心に匹敵するほどの剣術の天才という原作マンガ屈指の人気キャラクター。
    子どものころの過酷な経験により感情が欠落し、人なつっこい笑顔の裏には、人を殺す
    ことをいとわない冷酷な一面を隠し持っている。

    今回、神木さんは、役作りに2年を費やしたといい、撮影のたびに衣装に合わせ、時間を
    かけて髪を紺色に染めるなど、気合も十分だという。(本文一部抜粋)

    まんたんウェブ
    http://mantan-web.jp/2013/11/29/20131128dog00m200071000c.html

    【実写『るろうに剣心』瀬田宗次郎の役作りに2年、神木隆之介の画像公開】の続きを読む


    1: 朝一くんφ ★ : 2013/11/29(金) 22:56:30.75 ID:???
    2014年2月1日より公開の映画『僕は友達が少ない』に出演する栗原類のキャストビジュアルが解禁された。
    栗原が演じるのは聖クロニカ学園の生徒会長・西園寺。主人公の長谷川小鷹(瀬戸康史)や三日月夜空(北乃きい)が所属する、
    友達作りの部活『隣人部』を廃部に追い込もうとする悪役を熱演する。
    西園寺は原案にはないキャラクターのためこれまで謎めいた存在であったが、今回のビジュアルでは、
    鋭い目つきに長髪、白い学ランと個性的な外見を披露。ようやく情報が解禁された形だ。
    ____________________________________________________________
    ■栗原「西園寺役に過去の自分を感じました」
    台本を読んだ時、僕は凄く共感できる部分をいっぱい感じました。独りの方が良いと口では言うけど素直になれず、
    屁理屈を重ねて自分を納得させようとしている過去の自分を感じました。
    この映画は絶対に観ていただきたいです。登場人物たちの関係性がとてもうまく描かれていて、絶対に皆さんも共感できる部分がいっぱいあります。
    また、今回の撮影ではとても個性豊かな先輩たちと“はがない”という映画制作に関わることができて僕はとても嬉しかったです。
    ____________________________________________________________
    『僕は友達が少ない』

    2014年2月1日より全国にて
    配給:東映
    公式HP:www.haganai-movie.jp
    ©2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会



    映画ナビ最新ニュース
    http://eiganavi.entermeitele.net/news/2013/11/post-7897.html?_spview=false

    【『僕は友達が少ない』最後のキャストビジュアル解禁は栗原類 『隣人部』廃部を目論む生徒会長、西園寺役】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/11/27(水) 09:35:45.87 ID:???
    オースン・スコット・カードのSF小説を実写化した映画『エンダーのゲーム』の日本語吹き替え版に、
    逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子、沢城みゆき、桑島法子らが出演することが明らかになった。
    キャスティングにあたっては、外国映画の日本語版制作で知られる東北新社と大手声優事務所の
    青二プロダクションが、配給のディズニーに全面協力している。

    テレビアニメ「ダイヤのA」などで知られる逢坂良太が主人公エンダーの声優を務めるのをはじめ、
    「けいおん!」の佐藤聡美が射撃の天才少女ペトラを、「ハヤテのごとく!」などの白石涼子が
    エンダーの姉ヴァレンタインを演じ、そのほかにも沢城みゆき、桑島法子、内山昂輝、田中敦子、
    木村昴といったアニメファンにはおなじみの声優が参加。また、ハリソン・フォード演じる
    グラッフ大佐には磯部勉、ベン・キングズレー演じるメイザーには麦人と、吹き替え界の
    ベテラン声優陣が脇を固めている。

    本作が初の洋画吹き替えとなった逢坂は「エンダーは不安定ながら成長していく男の子なんですが、
    僕が最近アニメ作品で演じさせていただくキャラクターとも共通点が多いので、エンダー役にも
    作品にもすんなり入っていくことができました」とコメント。また、普段はアニメを中心に
    活動している佐藤も「わたしたちの世代が観ているアニメのルーツになった作品でもありますし、
    SFファンや原作ファンだけでなくアニメファンの方もドキドキしながら楽しんでいただける
    作品だと思います!」とSFファン以外の層にもアピールしている。

    また、今回発表された声優陣による「エンダーのゲーム」のラジオドラマ化も決定。
    脚本を手掛けるのは「仮面ライダーディケイド」「エウレカセブンAO」などの會川昇だ。

    今月初めに原作小説の新訳が刊行されたのを皮切りに、年末にはコミックマーケットへの
    参戦も決定している同作。映画ファンやSFファンはもちろん、本作が影響を与えたとされる
    日本のアニメやゲームのファンならば、楽しめること間違いなしの一作だ。

    シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0058433
    エンダーのゲーム(音出ます)
    http://disney-studio.jp/movies/ender/

    【「エンダーのゲーム」に青二プロが全面協力 日本語吹き替え版キャスト:逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子、内山昂輝 ほか】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/11/27(水) 07:44:17.83 ID:???


     テレビアニメにもなったモンキー・パンチの漫画「ルパン三世」が実写映画化され、来年夏に
    公開されることが明らかになった。主人公・ルパン三世を小栗旬が演じ、
    次元大介には玉山鉄二、石川五ェ門には綾野剛、峰不二子には黒木メイサ、
    銭形警部には浅野忠信という豪華キャストが集結した。
    監督を務めるのは、ハリウッドでも活躍する『あずみ』などの北村龍平だ。

     漫画「ルパン三世」は1967年に「週刊漫画アクション」で連載スタート。1971年からは
    テレビアニメも開始するなど、45年以上にわたって広い世代に愛されている。
    実写映画化は1974年の『ルパン三世 念力珍作戦』以来、実に40年ぶりだ。
    撮影は今年10月3日に日本でクランクイン。現在はタイで2か月に及ぶ大規模ロケを行っており、
    年末までに日本・タイ・香港・シンガポール・フィリピンの5か国で撮影を行う。

     おなじみの赤ジャケット姿のルパン三世にふんする主演の小栗は
    「マジかよ~実写化! と僕も思いました。ルパン三世は、多くの皆さんの中に
    それぞれのルパン三世がいると思いますが、若い世代にも、リアルルパン世代にも
    楽しんでいただけるルパン三世をお届けできるように、タイの暑さと闘いつつ頑張っています!」
    と意気込んでおり、演じるにあたっては10か月にわたってアクションのトレーニングを
    積んだとのこと。
    手足の長さを再現するために8キロ減量するなど、役づくりにも余念がない様子だ。

     小栗はもちろんのこと、玉山・綾野・黒木・浅野といった他キャストについても
    原作者のモンキー・パンチは「出演者の皆さんは、どなたも本当に魅力的で、
    まさに漫画・アニメのルパン三世のキャラクターたちが現実世界に飛び出してきたようだと
    感動しました」と太鼓判。
    とりわけ、キャスティングに最も時間がかかったという不二子役の黒木に対しては、
    現場で一目見るなり「これは不二子だね!」と深くうなづいていたという。

     企画立ち上げからクランクインまでに4年以上、中でも脚本には2年半の時を費やしたという本作。
    ストーリーはルパン三世最初の仕事を描いたオリジナルのものになり、脚本執筆段階では
    モンキー・パンチも積極的にアイデアを出し、その意向をたっぷり反映させたという。
    山本又一朗プロデューサーは「アクションはもちろん、軽妙なコメディーである原作の世界観を、
    リアリティーをもって表現したい」と自信を見せる。

     また、ほかの出演者にも、台湾の人気グループ・F4のジェリー・イェン、
    タナヨン・ウォンタラクン(タイ)、ニック・テイト(オーストラリア)、キム・ジュン(韓国)、
    ニルット・シリジャンヤー(タイ)、ヤヤ・イン(タイ)と国際色豊かな才能が勢ぞろい。
    5か国語が飛び交う撮影現場では皆、和気あいあいとした雰囲気を楽しんでいるといい、
    山本プロデューサーは「オールアジアで世界市場に映画を出していきます」と手応えを明かしている。

    映画『ルパン三世』は2014年夏、全国公開

    http://www.cinematoday.jp/page/N0058432

    【「ルパン三世」が小栗旬主演で実写映画化! 次元:玉山鉄二、五ェ門:綾野剛、不二子:黒木メイサ、銭形:浅野忠信】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=