萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    ガンダム


    1: たこやきφ ★ : 2013/12/13(金) 19:44:58.69 ID:???
     岩手県大槌町の第3セクター・復興まちづくり大槌が来年4月中旬の開業を目指す
    簡易宿泊施設の名称が「ホワイトベース大槌」に決まった。

     復興事業に携わる人に宿泊環境を提供する「復興ヴィレッジ」プロジェクトの施設。
    集団移転事業などさまざまな大規模プロジェクトが進んでいるものの、
    プロジェクトに携わる人が宿泊する施設の不足も顕在化。
    復興ヴィレッジは近隣に宿泊客が流出するのを食い止め、
    復興関連需要の取り込みと雇用を創出し、域内GDPを増加させるのが狙いだ。

     施設名は「復興とは、白地のキャンバスに色をつけてゆくこと」
    「復興業務に携わる方々をメインターゲットとした、大槌町の復興・交流拠点、ベースキャンプとしていきたい」
    という思いから付けたという。

     客室は短期滞在・長期滞在用の合計77室(バス・トイレ共用)。
    交流棟には共同浴場や食堂、地域物産品の販売ブースを設ける。
    公募による支配人も決まり、来年1月から宿泊予約受け付けをWebサイトで始める予定だ。

     Webサイトに公開されている外観イメージでは、白をベースに
    赤・青・黄色のトリコロールが配されており、
    名前の通りどことなくガンダムの「ホワイトベース」っぽさが。
    「復興、行きまーす!!」と、地域のために奮闘する人々の良き母艦になってくれそうだ。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1312/13/news115.html

    依頼 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1382455424/273

    【岩手県大槌町に作られる復興ヴィレッジ「ホワイトベース大槌」は外観もガンダム感】の続きを読む


    1: たこやきφ ★ : 2013/10/28(月) 09:42:43.24 ID:???
     アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ(人型有人兵器)のデザインなどで知られる
    メカニックデザイナーの大河原邦男さんが、鳥取市の消防車メーカーの依頼で「次世代消防車」をデザインした。
    真っ赤な大型車両に多機能アームがついた小型ポンプ車がドッキング。「かっこよさ」が前面に押し出されている。

     鳥取市古海に本社と工場を設ける消防車メーカーの吉谷機械製作所が、企業PR用の消防車デザインを依頼。
    8月末に完成した。

     車両につけられた各機器の設定もこだわっている。
    大型車両は全長14メートルで1万5千リットルのタンクを備え、最大15メートルの高さから放水ができる。
    車両の前方には、多機能アームがついた全長3メートルの小型ポンプ車が収納され、狭い場所での作業もできるという。

     大河原さんは「力強く頼もしいシルエットの中に、親しみやすさや、人間味のようなものを残した」と解説。
    「消防やレスキュー、防災活動の現場やそれらを支えるために働く人たち、
    そして、リアルヒーローに憧れるすべての子どもたちへの応援になれば幸い」とのコメントを寄せた。

     大河原さんは、「科学忍者隊ガッチャマン」や「タイムボカンシリーズ」などのメカもデザイン。
    ガンダムに登場した「ザク」は模型でも人気を呼んだ。
    次世代消防車企画の発表後、同社には、ガンダムの人気キャラクターが乗った「シャア専用ザク」にひっかけて、
    「赤いのか」「3倍速いのか」といった疑問や質問も届いたという。

     営業本部長の吉谷勇一郎さん(34)は
    「製造は難しいかもしれないが、ぎりぎりのリアルさが追求されている。
    消防業界全体のイメージアップや現場の士気向上につながれば」と話している。

    http://digital.asahi.com/articles/OSK201310260185.html?_requesturl=articles/OSK201310260185.html

    (有料記事です)

    【ザクとは違うのだよ…次世代消防車 大河原さんデザイン】の続きを読む


    1: しいたけφ ★ : 2013/08/03(土) 09:21:53.64 ID:???
     
    今や主役機のガンダムに勝る程の勢いで、様々なグッズが展開している
    機動戦士ガンダムの人気モビルスーツ、ザク。そんなザクのトレードマークとも言える、肩のスパイクアーマーを
    モチーフにした「ザクスパイクアーマーバッグ」(5775円)が発売されることになった。

    特徴的な3本の棘も忠実に再現されたこちらのバッグ。常時はウエストポーチや
    斜めがけのワンショルダーバッグとして仕様できるが、その最大の魅力は肩に
    装着することで、まさにザクそのもののファッションが楽しめるようになっている点。
    このバッグを装着すれば、必殺のショルダータックルも繰り出せるので、
    原作の名シーンを再現するファンも続出しそうだ。

    様々な形で使える機能性の他、メインのファスナーポケットが2つあるなど
    収納面にもこだわりが光るザクスパイクアーマーバッグ。多彩な
    キャラクターアパレル&グッズを取り扱うコスパより12月上旬に発売予定なので、
    今のうちに他のザクをモチーフにしたアパレルも購入しておけば、
    バッグ発売時には全身をザクファッションでコーディネートできるはず!

    http://news.walkerplus.com/article/40307/

    【ザクの肩のアレがバッグに! 装着しショルダータックルを再現するファンもでてきそうだ】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/07/03(水) 00:29:50.98 ID:???
    人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの新作映像発表会が2日、
    東京・お台場の「ガンダムフロント東京」にて行われ、新作TVアニメーションとして
    『ガンダムビルドファイターズ』が発表されたが、その中で富野由悠季監督の新作と、
    『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が2014年以降に随時発表されることが明らかになった。

    本日発表された『ガンダムビルドファイターズ』は、2014年~15年に
    『機動戦士ガンダム』そしてガンプラの35周年の最初を飾る作品として展開され、
    発表会に登壇したサンライズの取締役副社長・宮河恭夫氏は
    「この『ガンダムビルドファイターズ』を皮切りに、ガンダム、ガンプラ35周年の期間中には、
    いよいよ最終回を迎えます『機動戦士ガンダムUC episode 7』の公開、
    待望の富野由悠季監督による新作の公開、
    そして『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のお披露目をしたいと思っております。
    この3作品を2014年~2015年の中で随時発表をしてまいります」
    と話している。

    『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、アニメ『機動戦士ガンダム』の
    キャラクターデザインを担当した安彦良和氏による、同作をベースに設定を再構築し
    外伝的エピソードなどを追加した漫画作品。
    2001年~2011年にかけて漫画誌『ガンダムエース』(角川書店刊) にて連載され、
    最終回掲載号でアニメ化が発表されていた。
    そして、待望の富野由悠季監督の新作は、
    漫画誌『ニュータイプエース』(角川書店刊)の中で最新プロジェクトとして
    2011年に明かされており、タイトルは不明だが「Gレコ」というコードネームが判明している。

    http://news.mynavi.jp/news/2013/07/02/146/index.html

    【富野由悠季監督の新作と『ガンダム THE ORIGIN』は2014年以降に随時発表】の続きを読む


    1: しいたけφ ★ : 2013/05/31(金) 15:26:57.93 ID:???
     
    バンダイは「SDガンダムBB戦士シリーズ」において、プラモデル
    「BB戦士382 サザビー」を発売した。価格は1,050円。

    「SDガンダムBB戦士シリーズ」は「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する
    MS(モビルスーツ)を3頭身ほどにデフォルメしたシリーズで、昨年25周年を迎え、
    コミックやゲーム、アニメ作品など、様々なメディアで展開している。戦国時代風の
    甲冑を着けた「SD戦国伝」や三国志演義をモチーフとして取り入れた「BB戦士三国伝」
    など幅広い展開を行なっている。

    「SDガンダムBB戦士シリーズ」ではサザビーはシリーズ初期にプラモデル化されているが、
    今回25年ぶりにリニューアルされた。「BB戦士382 サザビー」は最新スタイルを採用し、
    デフォルメながらもより格好良くサザビーを再現している。ニュータイプ専用の武器である
    ファンネルはエフェクトパーツで射出状態を表現することができ、ファンネルコンテナへの収納状態も再現できる。
    モノアイは左右に可動、ポージングにアクセントを加えることができる。
    武器としてビーム・ショット・ライフル、ビームエフェクト付きのビーム・トマホークが
    付属しており、ビーム・トマホークはシールドに収納可能となっている。

    「SDガンダムBB戦士シリーズ」はリアルさを重視した通常のガンプラとは
    異なった魅力がある。また組み立てやすく、プラモデル初心者や、低年齢のユーザーにもオススメだ。
    かつて「SDガンダムBB戦士シリーズ」に夢中になったファンもチェックしてもらいたい。

    http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20130531_601631.html

    【BB戦士シリーズ「サザビー」が25年ぶりリニューアル! ファンネル射出、モノアイなどすごい改良】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=