1: オムコシφ ★ : 2013/09/15(日) 21:21:40.28 ID:???
 「ヒット解析」でおなじみ、TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さんが、
その経験と綿密な調査で、月間ランキングを大胆に予測する月1回の企画「MD松尾の月間ヒット予測」です。

 2012年の10月は例年にも増して好調でした。新型PS3の発売と同日に「バイオハザード6」(カプコン)、
「ワールドサッカー ウイニングイレブン2013」(コナミデジタルエンタテインメント)といったビッグタイトルの発売もあったことで売り上げが加速しました。

 今年の10月もかなりの売り上げが期待できそう。
9月に続き2カ月連続の活況でパッケージゲームの底力をみせられるのでは。
ハード市場では、10日に新型Vitaが発売されますが、初の新型機ということもあり、かなり期待できそうです。

 ソフト市場は、期待の大作「ポケットモンスターX・Y」(3DS、ポケモン)がダントツでしょう。
人気シリーズ初の3DSタイトルということで注目度も高いタイトルですが、新タイプの「フェアリー」が加わり、
「メガシンカ」などの新要素も盛り込まれ、戦略の幅が大きく広がりました。
10月からテレビアニメの新シリーズがスタートするなど露出も多く、新規ユーザーの取り込みにも期待したいところです。

 続くのは9月のビッグタイトル「モンスターハンター4」でしょう。
ファンも多いので変わらない売れ行きが見込めるのでは。
Z指定タイトルの「グランドセフトオート5」(PS3、ロックスター・ゲームス)もヒットするでしょう。
ナンバリングタイトルとしては実に5年ぶりの新作ということで期待している人も多いでしょう。
「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」(PS3・Vita、セガ)は、久々に据え置き機のPS3で発売されることもあり、こちらも待っているファンが多そうです。

 注目は「ダンガンロンパ 1・2 Reload」(Vita、スパイク・チュンソフト)。
放送中のアニメが好評で、新しいユーザーも入ってきており、メジャー感も出てきました。
同日発売の新型Vitaとの相乗効果にも期待できそうです。

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。
1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。
2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩いてきた。
ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

http://mantan-web.jp/2013/09/15/20130914dog00m200041000c.html

【「ポケットモンスターX・Y」がダントツ― 13年10月】の続きを読む