萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    SF

    • カテゴリ:

    1: yomiφ ★ : 2013/10/20(日) 23:01:34.50 ID:???


    「エル・トポ」(1969年)、「ホーリー・マウンテン」(1973年)、「サンタ・サングレ/聖なる血」(1989年)で
    世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家のアレハンドロ・ホドロフスキー。そんな彼が
    1974年に企画した幻のSF大作「DUNE」を追ったドキュメンタリー映画「ホドロフスキーのDUNE」
    の日本公開が決定した。来夏にはホドロフスキー監督の23年ぶりとなる最新作
    「リアリティのダンス」も日本公開が決定しており、来年度は“ホドロフスキー・イヤー”となりそうだ。

    「DUNE」は、「スター・ウォーズ」「エイリアン」「マトリックス」「プロメテウス」などの元ネタとも言われる、
    映画史上最も有名な“実現しなかった映画”。
    スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス(キャラクターデザインなど)、
    SF画家のクリス・フォス、「エイリアン」「トータル・リコール」のダン・オバノン(特撮)、
    H・R・ギーガー(デザイナー)、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、
    音楽にピンク・フロイドなど、驚異的な豪華メンバーが集っていた作品だ。
    しかし、残念ながら撮影を前にして企画は頓挫してしまい、世に送り出されることはなかった。

    その後、1984年にデヴィッド・リンチによって、同じ原作小説の別作品「デューン/砂の惑星」が
    制作され、ホドロフスキーの「DUNE」は幻の作品に。
    ただ、後にダン・オバノンはここで集めたスタッフを再集結させ、「エイリアン」(リドリー・スコット監督)を
    企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。

    今回公開が決定した「ホドロフスキーのDUNE」は、ホドロフスキー本人やプロデューサーの
    ミシェル・セドゥ、H・R・ギーガー、ニコラス・ウィンディング・レフン監督などのインタビューと、
    膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”
    ホドロフスキー版「DUNE」についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーだ。

    「ホドロフスキーのDUNE」、および監督最新作「リアリティのダンス」は2014年、劇場公開。

    http://www.narinari.com/Nd/20131023397.html

    【史上最も有名な“幻のSF映画”、大作「DUNE」追ったドキュメンタリー「ホドロフスキーのDUNE」の日本公開が決定】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★ : 2013/10/03(木) 23:28:10.79 ID:???
    アシモフの壮大なSFがマンガ化!『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』


    「ロボット工学三原則」の生みの親としても知られる、SF作家アイザック・アシモフの代表作
    『ファウンデーション(銀河帝国興亡史)』シリーズが、日本でマンガとなって発売されました。

    『ファウンデーション』は、1万2000年続いた銀河帝国の末期に、
    人々の行動を数学的手法で予測する「心理歴史学」を用いて帝国の崩壊を予言した、
    数学者「ハリ・セルダン」によって設立された組織「ファウンデーション」が、
    彼の「セルダン計画」に基づき、 帝国崩壊後におとずれる様々な危機を乗り越え、
    新たに生まれるとされる「第二銀河帝国」の中核へと数百年かけ成長していく姿を描く、SF巨編。

    『スタートレック』や『スターウォーズ』など、後のSF作品に多大なる影響を与えた作品でもあり、
    最近の作品では、天才学者の計画に基づき、圧倒的な科学・技術力を駆使し、
    人類を救おうとする秘密結社を主人公とした『ガンダム00』にその影響が顕著に現れていました。
    イオリア・シュヘンベルグからのビデオレターなんかも、(内容は違えども)まさに「セルダン計画」的です。

    今回発売された、マンガ版『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』は、
    ハリ・セルダンが「銀河百科事典」を編纂するグループとして「ファウンデーション」を創設する第1部、
    初代市長サルヴァー・ハーディンの活躍を描く第2部および第3部をマンガ化しています。






    早速読んでみましたが、自分が小説を読んだときのイメージよりもかなり若く(ガール・ドーニックはもはや少年)、
    ハンサムに描かれた登場キャラクターたちにちょっと驚きはしたものの、
    ストーリーは美味しいところを読みやすくまとめていて、
    「興味はあるけど長編小説はちょっと...」という方にもオススメできます。

    今まで海外でも映像化はおろか、コミック化すらされてこなかった作品が、
    日本発でこういった形で見られるのはファンとして非常に嬉しいです。
    なぜ今になってコミック化に至ったのか? という経緯も非常に気になる作品。
    続きがどこまで出るかも楽しみですね!

    『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』はサイドランチから945円で発売中。

    (傭兵ペンギン)

    Kotaku JAPAN 2013.10.03 23:00
    http://www.kotaku.jp/2013/10/foundation_manga.html

    【アイザック・アシモフの代表作『銀河帝国興亡史 ファウンデーション』が漫画化!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1: yomiφ ★ : 2013/09/22(日) 01:15:32.23 ID:???


     タブレット端末、音声で情報を検索できるソフト、3Dプリンター…。
    米国の企業が次々に送り出すユニークで革新的な製品を見て、
    ある映画を思い浮かべる人は多いだろう。米国でテレビドラマとしてスタートし、
    現在は最新作が公開中のSF映画「スター・トレック」。
    同作品は、米国企業の技術開発の羅針盤なのだろうか…。

    ■家電の未来像

     スター・トレックの舞台は探査任務を帯びた大型の宇宙船。乗組員は冒険家であり科学者だ。

     「コンピューター、この星域に関するデータをすべて出してくれ」

     乗組員の指示に応じて、モニターに次々と資料が映し出される。
     人の言葉を理解し応答するというこの機能。米アップルのスマートフォン「iPhone」搭載の音声アシスタント機能「Siri」と同じだ。

     劇中で、乗組員が手に持っているのは「iPad」そっくりのタブレット端末。
    あらゆるデータを大量に持ち運ぶことができる。貸与品らしく、辞職するときは上司に突き返す場面も。

     宇宙船の乗組員の居室や食堂には「フードディスペンサー」。食べたいものを注文すると、食器ともども物質を合成してくれる。
    食べ物以外も同種の「レプリケーター」という装置で立体成型できる。まるで「3Dプリンター」の発展形だ。

     さらに、宇宙船内の機器のほとんどは、音声かタッチパネルで操作する。今の家電製品もどんどんこの方向に進んでいる。

    ■最新技術を生み出すのは理系オタク

     スター・トレックは1966年に米国で放映がスタートし、登場人物を入れ替えながら5シリーズが制作され、
    映画は12本という長寿作品。タブレット端末など劇中で使われる機器類や操作の仕方は、当初から大きく変わっていない。米国のSFファンの潜在意識には、その世界観がすっかりすり込まれているのだ。

     アップルやグーグル、ベンチャー企業の技術開発の現場には、「ギーク」と呼ばれる人たちが多いという。
    日本でいう「理系オタク」のような人たちだ。幼い頃からスタートレックを見て、
    「あんなのがあればなあ」と夢想していたとしても不思議ではない。

    ■日本の技術は漫画発

     日本で、魅力的な小道具がたくさん出てくるお話といえば漫画「ドラえもん」だ。
    しかし「タケコプター」を想起させるような技術はまだ出てきていない。

     ただ、手塚治虫の「鉄腕アトム」は、日本が世界に誇るロボット技術開発の原点となっている。
    ロボットを「主人公」に未来を描いた漫画やアニメはほかにもたくさんあり、
    そこで当たり前のように描かれている「自動車の自動運転」などの技術開発は、日本が世界をリードしている。

     SF映画や漫画に導かれるかのように研究開発が進む米国と日本。
    こうした傾向は、他のアジア諸国や欧州各国ではあまり見られない。
    しかし、いまや映像作品は、インターネットを通じて世界中に瞬く間に広がる。

     日米のギーク、理系オタクはうかうかできない?

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130920/bsj1309200600002-n1.htm

    【「スター・トレック」は米技術開発の羅針盤? 日本は漫画発】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1: yomiφ ★ : 2013/09/09(月) 01:37:18.31 ID:???
    2013年9月7日、新京報によると、米テキサス州で行われた第71回世界SF大会で1日、
    2013年のヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞作品が発表された。
    中国系作家の劉宇昆(Ken Liu)氏が昨年「紙の動物園」(The Paper Menagerie)で
    ヒューゴー賞・ネビュラ賞の短編小説部門で受賞したのに続き、
    今年も「もののあわれ」でヒューゴー賞(短編部門)の受賞を果たした。

    ■小説は日本文化を背景に

    「もののあわれ」は地球滅亡後の25歳の若者、唯一生存した日本人が宇宙船に乗って
    新しい他の星へ行く物語だ。小説では彼の子供時代と、船に乗るのを待つ現在の彼との
    2つの時間軸が描かれている。

    「もののあわれ」の主人公は数少ない日本文化の継承者だが、米国文化が主流の環境で
    生活しており、そのため周囲の様々な事柄に溶け込めずにいる。
    劉氏はここで文化の不平等の問題を深く論じている。小説の構造は複雑ではないが
    細やかな情感が描かれ、一種のセンチメンタルな情緒が描かれている。興味深いことに、
    劉氏の小説では漢字の表す意味についての興味が再三描かれている。
    昨年受賞した「紙の動物園」の最後は、中国語の「愛」という字を何遍も書いたが、
    「もののあわれ」では「この世界の構造は、まるで日本の漢字の『傘』のようだ…全ての部分が
    対称的ではない」と、日本の漢字についての描写で始まっている。

    ■作品3点がネビュラ賞にノミネート

    「もののあわれ」は日本の伝統文学、詩、美学理論における重要な概念だ。劉氏によると、
    同作品のアイデアは同じく「もののあわれ」の文化を表現した日本のマンガ「横浜買い出し紀行」に
    啓発されたものだという。劉氏はかつてインタビューで、「もののあわれ」で追求しているのは
    一種の審美眼を中心とする創作で、避けることのできない万物の変遷への読者の感情を呼び起こし、
    「回想と過去との関連の重要さ」を理解して欲しいと望む、と語っている。

    劉氏が初めてヒューゴー賞を受賞した際、劉慈欣(リウ・ズーシン)氏は作品について
    「東洋人の細やかな情感が欧米の読者に新鮮さを与えた」と評価している。
    劉氏の作品はここ数年、高く評価され、今年のネビュラ賞では3作品が中・長編部門、中篇部門、
    短編部門でそれぞれノミネートされたが、最終的な受賞にはいたらなかった。

    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=76500

    The Hugo Awards
    http://www.thehugoawards.org/

    【中国系作家・劉宇昆氏、SFの最高賞ヒューゴー賞を受賞 小説の背景に日本文化 「横浜買い出し紀行」に啓発】の続きを読む

    • カテゴリ:

    1: yomiφ ★ : 2013/07/22(月) 12:11:54.99 ID:???
     生涯に1000作以上の掌編小説を創作し、ショートショートの神様と言われる
    SF作家・星新一(1926~97年)の書籍未収録作が50編以上発掘された。

     57年の商業誌デビュー前後に同人誌に載った幻の作品や、企業のPR誌、学習誌などに
    掲載されたまま埋もれていた作品だ。

     作品は2年前、次女のマリナさんが、作家でショートショート研究家の高井信さんに
    星作品の初出リスト作りを依頼、その作業の中で見つかった。
    新潮文庫から「つぎはぎプラネット」の題で8月末に出版される。

     収録されるのは57年から77年初出の58編。
    一部、単行本版との違いから別作品と判断したものなども含む。
    「ミラー・ボール」(58年)など、ハイレベルな作品も多いという。
    高井さんは、「これだけ多くの未収録作が残っていたのは驚き。
    発表後、別作品に書き直したり、気に入らなかったりして本に入れなかったのでは」と話している。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130720-OYT1T00325.htm

    【星新一の書籍未収録作、50編以上見つかる】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=