萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    書籍


    1: yomiφ ★ : 2013/07/07(日) 01:33:28.49 ID:???
     知性がない人は、本も読まず、出世もできない──。
    読書習慣に関する調査結果からは、40代になっても年収500万円どまりの人と、上にいく人の決定的な違いが見えてきた。
    ----
     本を読む量に比例して、年収は増えるのだろうか。

     プレジデント編集部が独自に行った年収別の読書傾向調査は、読書と年収に明らかな相関関係があることを示している。
    むろん、読んだら稼げるようになるという因果関係は証明できない。しかし、データが語りかけてくる事実はあまりにも残酷だ。

     調査は、1002人のビジネスマンを対象に行い、年収500万、800万、1500万それぞれ334人ずつから回答を得た。
    年収によって若干年齢層に偏りがあり、500万と800万のボリュームゾーンは40代、1500万は50代が中心である。

     回答者の属性をおおまかに言うと、500万は一般社員、800万は課長・係長クラス、1500万は部長以上に
    医師、弁護士、会計士などのいわゆる「士族」が少数混じっている。

     以下、投資コンサルティング会社インスパイアのファウンダーにして社団法人HONZを率いる読書界の鬼才、成毛眞氏、
    そして幾多のベストセラーを世に送り出してきたエリエス・ブック・コンサルティングの代表にして、メールマガジン「ビジネスブックマラソン」の筆者、土井英司氏
    のおふたりによる的確かつ辛辣なコメントをいただきながら、読書と年収の赤裸々な関係を見ていくことにしよう。

     読者はすぐさま本屋へ走るか出世を諦めるか、いずれかの選択を迫られることになるだろう。

    ■ファンタジーに逃げる“下流”の人々

     【土井英司】まずは「この1年間に読んで役に立った本」から見ていきたいと思います。
     1500万の人を見ると『デフレの正体』『日本中枢の崩壊』などを読んでいて、社会、経済の全体像を捉えようとする姿勢がよく出ています。
    かなり、マクロな視野を持っていますね。さらに『ローマ人の物語』『三国志』などの
    歴史物も入っていて、国家規模の話に興味があることがわかります。


     一方の500万の人は「日経トレンディ」や「あるじゃん」などを読んでいて、1消費者の視点が強いですね。

     【成毛眞】僕は、1500万の人は刺激のない本を読んでると思うな。『三国志』なんてモロにおじさんの読み物だし、
    『7つの習慣』なんて日本では1996年に出版された本だからね。10年以上前の本を挙げてくるセンスって、よくわからない。

     僕がいいと思うのは、むしろ800万の人。『もしドラ』を読んで触発されて、ドラッカー本人の著作を読んでいる。
    いかにも大企業でがんばってる企業戦士の読書という気がするね。『坂の上の雲』もマイケル・サンデルもテレビの影響でしょう。
    こういう刺激の受け方って、悪くない。本はミーハーな読み方をしたほうがいいというのが
    僕の持論です。ビジネスチャンスになる旬な情報を捕まえるのは、常にミーハー精神だからね。


     【土井】500万の人は明らかにファンタジー、エンタメ中心です。
    『ONE PIECE』なんて漫画は思い切りファンタジーです。


     【成毛】そもそも知的な人間は漫画なんて読まないよ。
    海外企業のマネジメントなんて、漫画本の表紙すら見たことないだろうねぇ。

     【土井】『海賊の経済学』(ピーター・T・リーソン)という大変面白い本がありますが、
    この本によると海賊の社会は極めて平等な社会です。そうした社会に憧れるのは、
    ある意味、厭世的な姿勢だといえます。
    1500万の人が『ウォール街のランダム・ウォーカー』を読んで、ものごとは確率で
    決まるという冷徹な現状認識を仕入れているのとは大変な違いです。

     上流は世の中を動かす法則や権力者の意図、そして政治に強い関心がありますね。
    苦境の時代こそ、現実を見据え、現実を変えていこうとしている。
    一方で、500万の人はファンタジーに逃げているように見えます。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130706-00009833-president-bus_all

    【ファンタジーに逃げる“下流”の人々-”年収別”読書調査 「知的な人間は漫画なんて読まない」】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/07/04(木) 23:19:49.38 ID:???
     角川書店にて発刊され、1000万部以上を売り上げた歴史ファンタジー小説の
    藤川桂介著「宇宙皇子(うつのみこ)」シリーズが出版ワークスより復刊される。
    価格は1600円(税別)。


    「異次元童話 宇宙皇子 地上編1 はるかに遠き都よ」は9月復刻。

     角川版の「宇宙皇子」は現在絶版となっており、今回の復刊に伴い
    イラストレーターを角川版のいのまたむつみ氏から若菜等氏へと変更。
    本文イラストが絵本のような構図になっている。

     5月1日に公式のTwitterアカウントやFacebookページが開設され、
    復刻がアナウンスされていたが当初は7月の予定だった。
    7月10日より公式サイトでは「宇宙皇子復刊応援コメント&イラスト募集キャンペーン」を
    行い、9月の第1巻発売に向けて盛り上げていくとのこと。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1307/04/news116.html

    宇宙皇子|公式
    http://spn-works.com/utsunomiko/index.html

    ■藤川桂介

    長いこと考えました。
    しかしある時、旧刊の時の「宇宙皇子」を支えて下さった、
    いのまたむつみさんは、当時と画質が変わってしまったということで、
    辞退してこられました。あれから十年もの間遠ざかっていたのですから、
    それも止むを得ないことです。しかも彼女は、新天地で活躍していらっしゃるのです。
    それでもと、強引に押しつけることは出来ません。
    そこで私は工藤社長と協議を重ねながら、新生宇宙皇子ということで、
    新たなイラストレーターを起用することにしたのです。
    その人の熱意次第です。
    何度も逢って、取り組む思いの熱さを感じました。
    私はもちろんですが、出版ワークスの工藤社長も、申し分なしということになり、
    参考作品をいくつも描いて貰い、半年もの時間をかけて、
    新たな宇宙皇子のイメージを作るための努力を、積み重ねて頂きました。
    その結果、かつて描いてきたものとも違った、魅力的な世界を伐り拓いてくれたと思っています。
    いよいよイラストレーターに、登場して貰う時が来ました。
    長年、私のイラストを担当して下さってきた若菜等さんです。
    彼はかつて、集英社の編集長から推薦されてコンビを組んだことがあったのですが、
    当時はヘビメタのバンドを率いていたという異色のキャリアの人でした。
    お父様は若菜珪という著名な童画家でしたが、そんな後ろ盾に寄りかからずに、必死で画業をつづけてきたのです。
    そんな若者らしい姿勢に共感して、今日までお付き合いをつづけてきました。
    私にとっての大事な「宇宙皇子」です。
    それを託す人として、いよいよ若菜等さんを、みなさんに紹介することにいたしました。
    どうか、新たな宇宙皇子の誕生を、みなさんで後押しして下さい。

    【元祖ライトノベル「宇宙皇子」、9月に復刊 イラストや装幀を一新】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=