萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    ホビー


    1: yomiφ ★ : 2013/11/10(日) 22:02:47.49 ID:???


     小さな頃から飛行機や客船といった乗り物が大好きだった記者のもとへ、一通の手紙が届いた。
    「翔(と)バナイカイ」という、阪神間を中心に活動する“ヒコーキ”の愛好家集団からだ。内容は、
    兵庫県芦屋市で毎年開催している模型飛行機の作品展の取材依頼。担当者へ話を聞くと、
    気になる一言が。「最近は若者からの人気が薄れてきている気がするんです…」。
    何歳になっても子供心をくすぐる模型。一体どんな人たちがハマっているのか-。

     ■精巧な実物のミニ版がずらり

     「模型飛行機を見に行きたい。飛行機が好きな人たちに会いたい」。そんな思いで会場に駆けつけた。

     10月19、20の両日にJR芦屋駅前のショッピングモール「モンテメール」6階で行われた「第35回翔バナイカイ作品展」。
    35年前の会結成当時から毎年開催され、近畿はもちろん、遠方では九州や富山県などからも
    来場客があるという。

     展示されているのは、会員らが手作りした模型飛行機約120点。いずれも専門誌の「航空ファン」や
    「航空情報」、インターネットなどで実機を研究し、可能な限り実物に近づけた自慢の作品だという。
    販売はせず、あくまで「見て楽しんでほしい」という目的で展示している。

     会場には、今回の展示のメーンテーマである第2次世界大戦時に日本、ドイツ、アメリカで
    使用された戦闘機をはじめ、上下2枚の羽根が特徴の「複葉機」など、実にさまざまな模型飛行機が並ぶ。


     今注目されている垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」や、今年ヒットした
    アニメ映画「風立ちぬ」に登場する飛行機、カモメの翼を逆さにした“逆ガル翼”が
    特徴の「九試単座戦闘機」、零戦の原型とされる「十二試艦上戦闘機」なども展示。
    来場客は写真撮影に夢中になったり、じっくりと一機の模型を観察したり、
    思い思いに楽しんでいた。

     会のメンバーで同展の広報を務める野田晨(しん)一郎さん(66)は
    「みなさんじっくりと時間をかけて見て行かれるので、常に会場がごった返している」
    と笑顔で話した。客層は幅広く、「戦争体験のある男性が訪れることもある」という。

     ■翔バナイカイの多彩なメンバー

     「翔バナイカイ」は兵庫県や大阪府に住む30~80代の男性約25人で構成。
    銀行員やタクシー運転手、カメラマン、航空整備士、開業医、中国人元留学生など
    多士済々で、趣味を通じてさまざまな分野の人たちと交流することが互いに
    刺激になっているようだ。会の名前は、実際の飛行機と違って模型飛行機が
    “飛ばない”ことからきている。

    ■細かく地道な作業

     「模型飛行機を作るのが好きだが、周りにやっている人がいない。大学に
    模型サークルなどの団体もない」

     今回の展示会を訪れた近くの甲南大学の男子学生がこんなことを言っていたという。

     会長の藤谷研一郎さん(64)は「高校生までは模型飛行機に熱中する人が多いが、
    大学生になると女の子のことなど多くの物事に目がいき、模型から離れていくようだ」
    と、若い人に模型飛行機好きが少なくなったことを寂しそうに話す。

     1機仕上げるのに1カ月~半年以上かかる模型飛行機作りは
    細かく地道な作業で、藤谷さんは「パソコンのように1クリックで物事を進めたり
    やめたりできる時代に、コツコツとパーツを貼ったり色を塗ったりする作業が、
    若者に受け入れられるだろうか」とも言う。

    >>2へつづく)
    http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/131110/lif13111019280022-n1.html

    【「零戦」や「オスプレイ」…模型飛行機にハマッた中年男性たち 若者の模型離れを憂う】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/10/27(日) 13:45:28.84 ID:???


     今月13日まで開催されてた「全日本模型ホビーショー」では、ミリタリー系のスケールモデル、
    及びミリタリー作品関連の版権フィギュアなどが注目を集めた。

     今年上半期の模型、ホビー業界では前年の『ガールズ&パンツァー』(ガルパン)人気により
    戦車系プラモデルが各社で好調な売上を記録。今年下半期に入ってからは旧日本軍の艦船を
    モチーフにしたキャラクターが登場するブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』の記録的な
    ヒット、10月からは、旧日本軍の艦船とキャラクターを融合させた『蒼き鋼のアルペジオ』の
    アニメ放送開始で、戦艦系プラモデルの躍進が期待されている。

     この流れにいち早く注目した青島文化教材社(アオシマ)では、艦これや、アルペジオ関連の
    製品を多数展示、来場者の注目を集めた。特に艦これは、プラモデルだけではなくフィギュアや
    キーホルダーなどの関連グッズも同時展開予定で、それらの商品サンプルも展示されていた。
    この大規模展開の理由について同社の企画担当者は、「もともと社内で艦これが流行っていて、
    これなら(アオシマの)良さを活かせるんじゃないかと角川ゲームスさんに交渉に行きました」と
    コメント。原作のゲームは、当時の艦船の設定にそって作られているが、擬人化された
    キャラクターとなっており、模型だけではなくホビー方面も強いアオシマが得意とする分野となっている。

     また、こういったキャラクター+ミリタリー系の作品でよく見られる、作品から入って元ネタの
    兵器に興味もつファンを想定して、大規模な模型展開もアオシマは準備している。
    タミヤ、ハセガワそれにアオシマの3社で組織されている静岡模型教材協同組合に企画を
    持ち込み、他2社と共同して展開していた「ウォーターラインシリーズ」の艦船スケールモデルを
    使用し、キャラクターのイラストがあしらわれたパッケケージやネームプレート付き商品で、
    同作の模型展開を行う。これにより現在キット化されている模型だけで、艦これに登場する
    艦船の約90%が商品化可能とのことだ。さらにこの企画を機に、古くなったアオシマ製艦船
    スケールモデルを、できれば新しい軍事考察も取り入れた新規キットにしたいと、
    同企画の担当者は希望を語っていた。

     今年は艦船系のプラモデルの他にも、零戦設計者の堀越二郎がモデルのスタジオジブリの
    アニメ映画『風立ちぬ』や、12月公開予定の零戦パイロットを題材にした岡田准一主演の映画、
    『永遠の0』などで、戦時中に活躍した戦闘機のプラモデルも注目されており、各社新商品発表が
    相次いだ。ガルパンブームによる戦車プラモデルの好調も依然続いており、陸海空の全てに
    話題作が揃った形となっている。

    http://npn.co.jp/article/detail/51548719/

    関連スレ
    【ホビー】第53回全日本模型ホビーショウ開催 アオシマ「艦隊これくしょん」コーナーが台風の目に
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1381506202/

    【いま模型業界ではミリタリーが熱い! 陸海空に話題作揃う】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/10/12(土) 00:43:22.89 ID:???
    日本プラモデル工業協同組合が主催する「2013 第53回 全日本模型ホビーショー」が
    10月11日より千葉・幕張メッセで開催した。10月13日までの開催であり、12日、13日は
    一般参加日となる。入場料は1,000円で、中学生以下無料。

    模型業界に大きな波が来ている。今回のホビーショーではその波を感じることができた。
    その流れを作っているのが「艦隊これくしょん -艦これ-」だ。そして今回台風の目となっていたのが
    アオシマである。アオシマはこれまでのホビーショーではバイクやトラックなどのプラモデルで、
    独特の存在感はあるものの、比較的地味な存在だった。しかし今回は「艦これ」コーナーを
    展示した影響で、ずっと人の波が途切れなかった。

    ホビー業界においても「艦これ」の人気は高く、他のメーカーも取り扱いをアナウンスしていたが、
    まだこれからというところで、アオシマのラインナップは群を抜いていた。また、艦船に関する
    プラモデル自体の人気も高まっているのを感じた。取材をしていて漏れ聞こえる会話にも
    「艦これ」に関するものが多かった。本稿ではアオシマのブースを中心に「艦これ」関連グッズの
    盛り上がりをピックアップしたい。

    今回のホビーショウで台風の目となったのがアオシマの「艦これ」コーナーである。
    ひっきりなしに来場者が人だかりを作り、展示品の写真を撮っている。アオシマのスタッフも
    これだけの人気は予想を超えていたと語っていた。

    メインとなるプラモデルはゲーム内のキャラクター「艦娘」のモデルとなった日本海軍の艦船の
    プラモデルに特製のパーツを付属したものになる。その中でも特に目玉となる付属品は
    艦娘のイラストが描かれた金属製の「エッチングネームプレート」である。試作品は白黒だったが、
    現場担当者の強い要望でフルカラー印刷を実現したという。

    さらに、実在の艦船の特徴を描いたカード、艦娘やデフォルメイラスト、セリフなどが描かれた
    シールが付属する。シールをプラモデルに貼り付け「痛軍艦」にするのも面白そうだ。
    パッケージも特別なものになる上に、説明書も艦船プラモデル初心者を意識して作り直し
    組み立てしやすくしている上に、ゲーム内のイラストをふんだんに利用している。

    アオシマはハセガワ、タミヤとも協力し、「艦これ」のイラストを使ったパッケージ、エッチング
    ネームプレートやシールなどの付属品をつけて今後シリーズを展開していくという。第1弾は
    10月31日発売予定の「長門」、その後11月に「愛宕」、12月に「雪風」、2014年1月に「那珂」どが
    予定されている。

    この他、艦娘のフィギュアも予定している。第1弾は「雪風」で、舵の形をしたハイヒールの
    造形までもこだわりって作っている。イラストのかわいらしさを再現するのはもちろん、
    プラモデルメーカーとして、雪風が背負っている魚雷発射管も含め、艦船部分にも注力している
    とのことだ。

    GAME Watch(一部略)
    http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20131011_619257.html


    その他の出展物のフォトレポートはこちら
    全日本模型ホビーショー | タグ一覧 - アニメイトTV
    http://www.animate.tv/tag/details.php?id=4044&c=news

    【第53回全日本模型ホビーショウ開催 アオシマ「艦隊これくしょん」コーナーが台風の目に】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/10/13(日) 16:46:18.93 ID:???
    11月12日~13日に開催された全日本模型ホビーショーにおいて、GSIクレオスが新しい水性塗料
    「アクリジョン」を発表した。長らく安全な塗料として販売されていた水性ホビーカラーに代わる、
    新しい安全性に配慮した水性アクリル樹脂塗料の登場となる。

    同社の水性ホビーカラーよりも、塗膜が強く扱いやすいのが特徴。もちろん、水性カラーと
    言うことで、安全性や臭いにも配慮したものとなっている。臭いについては無臭というわけではないが、
    溶剤系ほどきつくはなく、水性ホビーカラーとも異なる、一般的な絵の具に近い臭いだった。
    塗り重ねにも対応し、乾いた後なら、溶剤系(ラッカー系)やエナメル系、水性など各種塗料が
    使用可能。アクリジョンも水性カラー以外の塗膜の上であれば使用可能だという。

    1本189円(税込)。まずは30色が12月に発売予定だ。希釈には専用のうすめ液を使用。
    従来の水性ホビーカラーと互換性はなく、混ぜて使うことは出来ない。1本あたりの内容量は
    Mr.カラーや水性ホビーカラーと同様の1本10mlだ。エアブラシ用のツールクリーナーも
    同時に発売される。

    なお、これによってすぐに水性ホビーカラーの販売が終了するというわけではなく、しばらくは
    併売していくとのこと。塗り重ねられるという特徴も考えると、しばらくは第4の塗料として
    使用することが可能だと言える。使いやすさ云々は実際に使ってみて判断するとして。
    全国の模型店などでこうした入手しやすい新しい塗料が発売されるというのは、
    選択肢の幅が広がるという点でも素直に歓迎したい。

    MasterFileblog
    http://masterfileblog.jp/news/2013/10/13/4489.html

    Untitled
    http://www.mr-hobby.com/2013awnew/

    【GSIクレオス、新水性塗料「アクリジョン」を発表 既存の水性ホビーカラーはしばらくの間併売】の続きを読む


    1: あやめφ ★ : 2013/06/25(火) 16:56:37.05 ID:???
    毎号フィギュア付きのホビー専門誌「フィギュアJAPAN」の創刊号に、グッドスマイルカンパニー社の
    「1/10 アルティメットまどか」が付属する。6月25日から受注を開始した。

    ホビージャパンが毎号特定のタイトルに絞ったフィギュアファンブック。創刊号には今秋劇場アニメ
    最新作の公開も控えている「魔法少女まどか☆マギカ」を特集する。発売は12月中旬を予定。
    価格は7500円。受注は7月31日まで(完全受注生産)。

    ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1306/25/news112.html

    フィギュアJAPAN
    http://hobbyjapan.co.jp/figurejapan/

    【毎号フィギュアが付属する専門誌「フィギュアJAPAN」 12月創刊 第1号はグッスマ1/10「アルティメットまどか」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    time datetime=