1: オムコシφ ★ : 2013/07/30(火) 14:47:13.85 ID:???
 青春をテーマにしたキラキラとした作品を見ていると、現実味がまったくないなぁと思って馬鹿にしてしまう。
しかし同時に、誰もが青春と聞いて想像するような典型的な要素がたっぷり詰まっているせいで、私の中のそれらに対する憧れの呼び水になって虚しい気分にもさせた。あぁ、私の青春はなんてつまらないのか、こんなにも何事もなく過ぎていくのか、と。

「若さには何の価値もない」

 そう断言するのは、有名映画監督の押井守氏である。
今回読んだ『凡人として生きるということ』(幻冬舎)の著者であるのだが、本書で語られる彼の価値観は、彼の作品から受ける印象とは違う。
SF作品のイメージが強く、永遠に手に入れられないようなものを追求し、現実には物足りない何かを常に空想していたり、一歩抜け出そうとしていたり、そういったイタい人(すみません)かと思っていた。

 しかし、彼の持つ価値観は現実的過ぎるほど現実的で、現実の中に夢を見てる私たち若者の期待すらもものの見事に打ち壊していく。
彼の作品は、現実に蔓延る様々なデマゴギーへのアンチテーゼなのだと思うと、すごく合点がいくのだ。
見えないようにされている現実を剥き出しにされ、それを非現実と感じてしまう私たち。
そんな私たちに、まんまと社会が作り出したデマゴギーに騙されていると彼は言う。

 話は戻るが、「若さには何の価値もない」というのは、若さだけを武器にしているような若者にとって、あまりにもツラい宣告である。
特に現代の若者は、経験もスキルも常識もないことへの言い訳として振りかざすものも目立つからだ。
ただ「何もできない自分」を認めることもできず、かといって未知のモノ達にベクトルを向けてみるエネルギーも持たない状況への免罪符。
つまり、何でも自分で切り開いて手に入れていかなくてはいけなかった時代とは異なり、何もしなくてもどうにかなるだろうという風潮が現代の若者の多くに根付いてしまっているのだ。
他人にも社会にも仕舞いには自分にも無関心だ。

 とはいえ、今よりも素敵な人になりたいとぼんやりと考えることもある。
しかし、いつまで経っても過去に思い描いていた未来の自分には到底なれていない。これは今までずっと起こり続けてきた現象だ。
小学生の時は高校生はすごく大人に見えたし、お洒落で楽しそうで自分もあんな風になるんだろうなと勝手に思っていた。
でも、実際に高校生になってみると、なんてことない毎日の延長上にいて、特別何かが急に変わって輝き出すなんてことはなかったし、ましてやちっとも大人でもなかった。
大学もそう。ドラマで見ていたようなキャンパスライフは都市伝説なのかと思うほど、素敵な学生生活とは程遠かったのだった。
それでも、過去を振り返ると美化された思い出がそれなりの輝きを持って見えてくるものだ。
いつだって、遠い未来に理想を求め、遠い過去に美しさを求めるのだ。

 どうやら、「今」という地点に、「現実」に、しっかりと目を向けられていないらしい。
本書では「世間の95%は凡人である」と語られている。
圧倒的なこの凡人の私たちがすべきことは与えられた現実の中で、「自分の美学」(信念)と「情熱」を持って生きることだという。
今のままでいい、今の自分で胸張って生きていく、ここで生きていく、という現実と向き合って決意を固められるかどうかという単純なことなのかもしれない。
過去を振り返って若かりし頃の自分に留まり続けることも、今の困難や不自由さから無理に抜け出そうとすることも、どちらも無意味であるように思えた。
自分を認めて、限りなく自分でいること。単純なはずなのに、こんなにも難しい生き方は他にない。

文=カナコ
(ダ・ヴィンチ電子ナビより)



http://news.nicovideo.jp/watch/nw708957

4: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 14:52:03.88 ID:f2eQ6qwh
>>1
いやいや、その凡人にすらなれていませんからwww
才能が無いってツライねぇ

6: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:00:20.95 ID:NcWIB04D
>>1
本人が老いを受け入れられず、ジタバタしているようにしか読めない。

あーだこーだ言ってる暇あったら、そのエネルギーを作品にぶつけ続けろよ。

時間は有限だぞ。考えても答えなんか出ないことは哲学見りゃわかるだろ。

さっさと作品を造り続けろ。そしたらふと何か見えてくるもんもあるだろ。

9: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:03:12.89 ID:54WYg8cE
>>1
ジジイの繰り言なのは自覚おありで?

2: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 14:48:53.39 ID:1Tu376vl
読んだけど頭痛くなった(ヽ'ω`)

3: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 14:50:47.84 ID:qnufPNtD
こいつ、インポになったんじゃねぇか?

5: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 14:59:09.23 ID:14cXIe4r
スカイクロラでわかってしまったよ
この人の映画、技術はあるんだけど、若さ=エネルギーが皆無の作品だったな
ひたすら状況に流されるだけの主人公は、死に向かうだけの老人を思わせたよ

7: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:01:42.54 ID:/JRsqWKQ
何でこんなに歪んでるの、この人?

8: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:03:11.86 ID:dUROb2+e
落ち武者

10: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:09:35.69 ID:c21Egejk
押井は小田和正のthe flagでも聴けば良いよ
http://music.goo.ne.jp/sp/lyric/LYRUTND30013/index.html

11: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:17:10.20 ID:ulxD+cRi
要するに
「俺には才能がなくなった」
とでも言いたかったのだろうか・・・

12: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:33:35.80 ID:Zz3CEsHM
17歳教信者がこんなところに…

13: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:35:23.68 ID:+hVa4Brm
じゃあおめえがビューティフルドリーマーで散々原作者からファンから激怒させた
あの詐欺行為も若さだとでも言うんですか??
「自分の才能を誇示するために人をだます行為は」人間として許されない

なか?若さじゃ済まされねえんだよ

14: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:41:12.86 ID:XlhIjmuF
コイツの言う事はころころ変わるから、真に受ける必要はない

かつては「プライベートは話さない主義」とか言ってたのが、今じゃ
奥さんと娘捨てて逃げたとか自分からベラベラ喋ってやがるw

15: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 15:46:33.93 ID:jT+3vPGU
枯れたオッサンの繰り言をここまで膨らまさないといけないのは大変だな…

17: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 16:14:46.18 ID:X5akHwVT
過去にもてはやされた監督が次々と新作で衰え・進化の無さ・化けの皮が剥がれた姿を見せるのは切ない
押井もそうだし大友もそう、時期的に今話題なのはパヤオか

パヤオは言動はともかく年齢的にもうお疲れ様と見送ってあげるべきなんだろうけど

18: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 16:17:19.67 ID:/srDb/bd
人間触れられたくない痛い所を突かれると激怒します(笑)

19: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 16:18:02.83 ID:rnyA07+1
若者を見ると鎌首もたげる羨望の気持ちを
いかにして屁理屈こいて押さえつけるか

まで読んだ

20: なまえないよぉ~ : 2013/07/30(火) 16:18:24.48 ID:i4Lhv2SA
パヤオは作品自体は衰えてないけど