萌え萌え速報

アニメ・ゲーム等ニュースのまとめブログです。

    2013年10月


    1: オムコシφ ★ : 2013/10/01(火) 07:12:21.36 ID:???
    人気沸騰のゆるキャラ「ふなっしー」を生んだ千葉県から、新たなゆるキャラが誕生した。
    熱帯林などに生息する動物「バク」をモチーフにしたコミカルなキャラクターを、千葉県弁護士会が発表したのだ。
    しかし名前はまだなく、愛称を募集中だ。

    ●「悪夢を食べる」という逸話があるバクをモチーフに

    このキャラクターは、グレーの顔にクリクリした目。
    赤いフレームの丸メガネをかけて、千葉県の形をした赤いバッグを肩から下げている。
    どこか抜けた感じのする「ゆるキャラ」にふさわしい格好だ。

    くまモンやひこにゃんなど、自治体のゆるキャラが全国的なブームになっているが、実は、各地の弁護士会でも、ゆるキャラを起用しているところがいくつかある。
    岡山弁護士会の「たすっぴ」や愛知県弁護士会の「聞之助」、大阪弁護士会の「トリベン」など多士済々だ。

    そこに新たに登場したのが、この千葉県弁護士会のゆるキャラだ。

    「バク」をモチーフにした理由について、キャラクターを考案した伊藤さやか弁護士は「みなさんのつらい気持ちを解消するのが弁護士の使命。
    そこで、『悪夢を食べる』という逸話があるバクをモチーフにしようと考えました」と語る。
    実在する「バク」と、夢を食べるとされる中国の伝説上の生物「獏(バク)」をかけあわせた。

    弁護士に対して「怖い」とか「敷居が高い」といったイメージを持つ人が少なくない――常々そう感じている伊藤弁護士は「そんなイメージを一新し、少しでも親しみを持ってもらいたい」という思いをゆるキャラに込めた。

    今後、法律相談会をはじめとする弁護士会のイベントなどで活躍する予定で、ゆくゆくは着ぐるみなども作成したいという。
    伊藤弁護士は「私たちが思いもつかないような、素敵な名前をつけてほしい」と応募を呼びかけている。

    愛称の募集は10月4日まで。郵送か電子メールで受け付けている。
    詳しくは、千葉県弁護士会のサイト(http://www.chiba-ben.or.jp/)の募集要項ページに記載されている。

    (弁護士ドットコム トピックス)



    http://news.nicovideo.jp/watch/nw784426

    【バクをモチーフにした「ゆるキャラ」の名前を募集中! 千葉県弁護士会】の続きを読む


    1: きよたろーφφφ ★ : 2013/09/30(月) 21:50:23.97 ID:???
    全喪女共感型TVアニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』より、主人公の
    「黒木智子」がねんどろいどになって登場です。パンツを引きちぎるシーンや、
    「ハンディマッサージ機」と劇中ゲーム「全裸執事」を片手に悦に浸るシーンなど、
    独特な表情や付属パーツで劇中の様々なシーンが再現可能です。

     髪型1
     髪型2

    また、ねんどろいどオリジナルパーツ「リア充と書かれた紙」も付属します。

    ぼっちなのになぜか楽しそうな日々を送る「もこっち」を、その手で可愛がってください。

    取り外し可能

    JKに欠かせない通学カバンもついています!

    もこっちだからこそのこの付属パーツ!


    10月3日(木)辺りから案内開始です♪(本分抜粋)

    カホタンブログ
    http://ameblo.jp/gsc-mikatan/entry-11624727839.html

    【ねんどろいど 黒木智子(もこっち)】の続きを読む


    1: yomiφ ★ : 2013/09/30(月) 23:39:52.99 ID:???
    アニメ専門誌『アニメージュ』に富野由悠季総監督の人生相談的コーナーの連載があるが、
    今月号で実に興味深い内容のものがあった。以下に引用してみよう。

    アニヲタの男性(28)「十五年ほどアニヲタやってきたんだけど、
    最近のアニメがなんだか楽しめないんです。どうしたらいいですか」

    富野由悠季「今のアニメはレベルが低いから見ても仕方ないでしょう。
    そういう暇あったら絵画や演劇など本物にどんどん触れたほうがいい。
    とりあえず今のアニメを見るのをやめてアニメージュも買うのやめなさい」

    男性「アニメばかり見てきた世代のスタッフと作業をしていて、具体的に困ることはありますか?」

    富野「まず、打ち合わせなどで日常会話が通用しないんです。
    アニメ育ち、ビジュアル育ちの若い人たちには、頼むから社会に出るまでに
    きちんとした日常会話を覚えてきて欲しいとお願いしたいのです。
    彼らが分かる言葉をこっちが探さなければならないというのはこちらがやせてしまいますから
    すごく困るのです。たとえば、『カッコイイ』という言葉で伝えようとしても、アニメとかコミックに出てくる
    『カッコイイ』もの以外はカッコイイと思えない子たちがいます。
    『これこれこういう美女を描いてくれ』と言っても、そこらへんのアニメやコミックに出てくるような
    美女しか描けない。彼らは、自分でスケッチをしても、そこから何かが生まれるということがない。
    裸婦像や自然を描きながら、そのミックスから新しい何かを生み出すことができないんです」

    いやはや実に痛快です。

    アニメ専門誌で「今のアニメは見るな」と言ってしまったり、その掲載誌であるアニメージュも
    「買うのもやめなさい」と言ってしまうトコが流石、富野総監督と言わざるを得ない。

    だが、この一件いつもの「富野節」が実に現在のアニメ界の痛いとこを突いていると言えるのではないか。

    私もアニメが好きで、CSのアニメ専門チャンネルをよく見るが、内容もキャラクターも
    薄っぺらいライトノベル原作の萌系アニメばかりが垂れ流されているのが現状ですし、
    そういうのを見続けるくらいなら、確かに富野総監督の仰る通り、絵画や演劇などに触れたほうが健全なのだろう。

    いや、きっと健全だ。
    (中略)

    ゲームの世界はともかく、現状のアニメ界は、先程も指摘したように陳腐なライトノベル
    原作アニメが粗製乱造され、その作品のファンにだけ受けて、あとはDVDやBlu-rayの
    販売で制作費を回収するような、ある種の自転車操業の様な状態が続いている。

    しかも、それらのアニメ、ここでは敢えて「駄ニメ」とでも言おうか、そうしたコンテンツを
    作っているスタッフは、アニメやマンガからだけしか知識や想像力を育んでいない。

    そのようでは「駄ニメ」が乱造されるのも無理は無いし、アニメ業界がそれこそ
    宮本氏の言葉を借りれば、「そのマーケットを維持して守って徐々に衰退していく」だけだろう。

    >>2へつづく)
    http://blogos.com/article/70898/

    【「最近のアニメが楽しめない」というアニヲタに、富野由悠季監督「今のアニメはレベルが低い。絵画や演劇など本物を見ろ」と解答】の続きを読む

    このページのトップヘ

    IfBlogHeaderImageUrl